2013年07月17日

李清照 年表(後)

李清照 年表(後)  (誕生から晩年まで)
  
 西暦と年号では一ヶ月以上ずれていている。そのため一年のずれが生じることがある。
西暦、年号 (李清照年齢)
    主な出来事   ☆印は李清照関連   ★印は宋関連
   ……………………………………………………

1084  元豊7(1歳) 司馬光 資治通鑑を著す。
☆李清照生まれる。山東省済南。なお「李清照詞析賞」では元豊6年となっている。
 この表は「政和4年31歳」と「建中靖国元年18歳」を基準にした。年齢は数え年である。
1085  元豊8(2) ★哲宗(在位1085−1100) 3月に即位、10歳。
 ★司馬光 宰相になる。
 この後、哲宗が親政するまでの間、旧法派が権力を得て、王安石の新法を廃す。新法派を弾圧する。国家経営が行き詰まり、新法が始まったのだが、それを元に戻したので、当然ながら行き詰まったままである。
 司馬光は、高官の地位は特権ではなく、努力や能力によって手に入れたのである。と考えていた。このころまでは、新旧の争いは政策論争であったが、この後は党派の争い(権力争い)になる。
☆李清照の父李格非は旧法派に属していた。
1086  元祐1(3)  4月王安石死す。9月司馬光死す。
1087  元祐2(4)  
1088  元祐3(5)  
1089  元祐4(6)  
1090  元祐5(7)  
1091  元祐6(8)  
1092  元祐7(9)  
1093  元祐8(10) ★哲宗親政。太皇太后高氏没す。 新法を復活させる。
1094  紹聖1(11) ★章惇 宰相になる。 章惇は新法派であり、元祐年間に旧法に戻した者たちを元祐姦党として弾圧した。
1095  紹聖2(12)
  
1096  紹聖3(13)  
1097  紹聖4(14)  
1098  元符1(15)  
1099  元符2(16)  
1100  元符3(17) ★徽宗(在位1100−1125) 即位。  章惇をやめさせる。
1101  建中靖国1(18) ★徽宗 親政。
 新帝が即位すると、擁立した旧法派の高官が力をえる。しかし、新帝が権力を手にすると、改革を考え新法になる。この繰り返しにより、宋は力を弱めた。
 唐末期の牛李の争いは、力をえた者が、相手を壊滅させることを繰り返し、人材が払底して、国が滅んだ。宋はマイナスの人材も温存したのが仇となって滅んだといえよう。
☆李清照、嫁ぐ(18歳)。
☆夫の趙明誠は当時太学生であり、すでに金石学で高名であった。
 (余建中辛巳始歸趙氏時、先君作禮部員外郎、丞相時作吏部侍郎、侯年二十一在太学作学生 わたしは、建中靖国元年に趙氏に嫁いだ。そのとき先君(父)は礼部員外郎であった。丞相(趙挺之)は吏部侍郎(次官)であった。侯(趙明誠)は二十一歳で太学生であった。)
☆夫の父の趙挺之は新法派で大臣であった。 正しくは次官であるが大臣がいないため、事実上は大臣である。
1102  崇寧1(19) ★蔡京宰相になる。この蔡京は、水滸伝の悪役である。
 この年、再び新法派が旧法派を弾圧した。司馬光・蘇軾・李格非など120人を元祐姦党とし、名を刻んだ元祐姦党碑を太学の端礼門外に立てた。地方にも立てた。
☆趙挺之は僅かの間だが宰相になった。ただし、実権は蔡京にあった。旧法派の弾圧に力を注いでいる。
☆李清照が宰相に手紙を書いて父の命を救ったという話がある。言論では殺さない国是なので疑わしい。しかもその宰相とは義父である趙挺之。
1103  崇寧2(20) ☆徳父(趙明誠)出仕。科挙に合格した記録は見たことがないので、高官の子弟という特権で出仕したようだ。
1104  崇寧3(21) ☆義父の趙挺之が、この年に亡くなった。その3日後、趙一族は追放され青州に帰る。
☆徳父と郷里に在り(青州)。この後10年間青州にいた。徳父は後年、莱州と青州の郡守となった。 
1105  崇寧4(22)  
1106  崇寧5(23)  
1107  大観1(24)  
1108  大観2(25)  
1109  大観3(26)  
1110  大観4(27)  
1111  政和1(28)  
1112  政和2(29)  
1113  政和3(30)  
1114  政和4(31) ☆絵に徳父が賛を書く(清照31歳)。 政和甲午新秋徳父題於帰来堂
 この記録は貴重である。この記録と嫁いだ時の記録によって、李清照の年齢が決定される。
 政和四年というような年号は、数字を間違えやすい。しかし、干支は間違いが少なく、歴史資料の確定に使われる。政和の甲午は、政和4年(1114)である。
 徳父 ……趙明誠の号。
 帰来堂……趙家の図書館、青州にあった。
1115  政和5(32)  金の建国。
1116  政和6(33)  
1117  政和7(34)  
1118  重和1(35) ★蔡京 太師となる。太師となる前も、実権は握っていた。 
1119  宣和1(36)  
1120  宣和2(37)  方臘の乱
1121  宣和3(38)  
1122  宣和4(39)  
1123  宣和5(40)  
1124  宣和6(41)  西夏、金の属国となる。
1125  宣和7(42) ★欽宗(在位1125−1127) 即位。徽宗は引退したが、宋は滅びる寸前であった。

1126  靖康1(43) 靖康の変。  金は徽宗と欽宗を捕虜とした。靖康の変という。
☆徳父溜川をまもる。

1127  建炎1(44) ★高宗(在位1127−1162) 即位、南宋となる。
★高宗 南京王天府 → 揚州
 金は徽宗と欽宗を北へ連れ去った。ここで北宋は終わった。
 高宗は、徽宗と欽宗の救出に消極的であったという。
☆(3月)徳父の母、死す。
 李清照は趙家の図書館「帰来堂」の文物のうち、良い物だけを選んで船で建康まで運んだ。書だけでも15車という。12月に青州に残した物を全て戦火で焼失した。十余屋。
 この年から記録がゴチャゴチャしてくるが、李清照の流浪の時である。
1128  建炎2(45) ★高宗 → 鎮江 → 杭州
☆徳父、建康(南京)の知となる。
1129  建炎3(46) ★高宗 → 建康 → 鎮江 → 常州 → 杭州→ 越州 → 明州 → 定海 → 温州沿岸
☆建康 → 池陽 → 衛 → 洪州
☆3月 徳父、建康の知を辞す。
☆5月 清照、池陽に行く。徳父、湖州の知となる。
☆7月 徳父、病む。
☆8月18日、徳父死す。葬儀の後、清照病む。
☆このときでも、蔵書は二万巻・金石刻二千巻を持っていた。
☆衛から洪州にいくが、12月にここも金に攻め取られ、蔵書のほとんどを失なってしまう。
☆徳父の死後、玉壺事件が起こっている。
1130  建炎4(47) ★高宗 → 越州
 秦檜が南宋に帰国。
☆現在の浙江省内を転々とする。
1131  紹興1(48) ★秦檜が宰相になる。
☆3月越に戻る
1132  紹興2(49) ★高宗 → 杭州 ここを都とする。
☆再婚した。百日ほどで離婚。九日間の徒刑。
 当時は夫に責任があっても、女が離婚を申し出れば二年の徒刑となった。幸い親戚の高官の計らいで、九日間に減らすことができた。
1133  紹興3(50)  
1134  紹興4(51)  
1135  紹興5(52) ☆8月 金石録後序を撰す。
 この年表の李清照の項は、ほとんどこの金石録後序による。
 鳴呼、余自少陸機作賦之二年、至過蘧瑗知非之両歳三十四年之間、……紹興二年
   陸機作賦……二十歳。
   蘧瑗知非……五十歳。(蘧瑗(キョエン)、蘧伯玉、よく反省する人で、五十歳になって、四十九年間の非を知った)
 ああ、わたしは、陸機が作賦した二十歳より二年若いときから、蘧瑗が非を知った五十歳より二歳過ぎるまで三十四年の間、……紹興二年
 「18歳から52歳まで34年間‥‥‥」の意味である。18歳は嫁いだ歳であり、52歳はこの文を書いた歳であると思える。
 しかし五十二歳は紹興二年ではない。紹興四年の間違いかと言う人もいるがはっきりしない。
1136  紹興6(53)  
1137  紹興7(54)  
1138  紹興8(55)  
1139  紹興9(56)  
1140  紹興10(57)  
1141  紹興11(58)  岳飛獄死。秦檜が主戦派を粛正。
1142  紹興12(59)  
1143  紹興13(60) ☆この年までの生存は確認されている。
1151  紹興21(68) ☆死去説がある。ただしはっきりしない。

1279  南宋が滅び元が全土を支配。

参考
たくせんの中国世界−李清照 −詞后の哀しみ−
雲外の峰−書庫−李清照 その人と文学
雲外の峰−書庫−中国の女詩人
雲外の峰−書庫−新譯漱玉詞
雲外の峰−書庫−李清照後主詞欣賞  中文
posted by たくせん(謫仙) at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

李清照 年表(前)

李清照 年表(前)  (唐の滅亡から李清照の誕生まで)

  
 西暦と年号では一ヶ月以上ずれていている。そのため一年のずれが生じることがある。
   参考  たくせんの中国世界−李清照 −詞后の哀しみ−
西暦、年号 (李清照年齢)  
    主な出来事   ☆印は李清照関連   ★印は宋関連
   ……………………………………………………
907  朱全忠、唐を滅ぼす。五代十国の始まり。
916  契丹の耶律阿保機、皇帝を称した。
937  契丹は国号を遼と改めた。タイ族の段氏、雲南に大理国を建国。南唐建国。
958  南唐二代目李m、帝号を去り王となる。皇帝として即位したが王に格下げした。外圧による。

960 ★宋太祖(在位960−976)趙匡胤(ちょうきょういん) 帝位につく。
 この年から宋朝となるが、その国是として、「言論で人を殺さず北周柴氏の祭祀を絶やさず」とした。意見の差によって死刑にされることがなくなり、宋はきわめて言論が自由な国であった。
 この対極にあるのが明である。一言の失言で死刑になるため、重臣たちは毎朝死の準備をして出仕したという。結局ほとんどの建国の重臣は殺されてしまう。
 北周柴氏とは、趙匡胤に国を禅譲した前王朝の主である。従来の王朝では、機会をみてこのような人と一族を殺してしまうのだが、宋は滅びるまで柴氏を厚遇している。
961  建隆1  南唐後主李U、王となる。李Uは後に詞帝と称される。
   参照 たくせんの中国世界−李後主 −詞帝−    
973  開宝6 ★はじめて講武殿にて覆試を行う。殿試はじまる。
 唐代から始まった科挙が定着した。唐代は実質貴族のみであった。実質的な科挙の始まりである。後に弊害が生まれたものの、この制度は他にないすばらしい制度であった。あまりにすばらしすぎたので、弊害が生じても止めることができず、中国近代化の妨げとなってしまった。
975  開宝8  南唐を滅ぼす。南唐後主李Uは、首都汴京(ベンケイ(開封))に囚われの身となった。そこでも数々の優れた詞を作ったが、結局汴京で没した。
976  開宝9 太平興国1 ★太宗(在位976−997) 10月に即位。
 2代太宗は初代太祖の弟である。初代の即位も太宗の辣腕に負うところが多く、太祖の死にも疑わしいところがあるといわれている。
977  太平興国2 
978  太平興国3  南唐後主 李U死す 42歳。一説に毒殺されたという。言論では殺さない宋の例外ともいわれ、はっきりしない。なお中国の高官の死刑は毒死である。江戸時代の切腹に相当するか。
979  太平興国4 ★宋によって中国統一  北漢が滅び十国終わる。
  ★太祖の子 趙徳昭(951−979)自殺。
980  太平興国5
981  太平興国6 ★太祖の子 趙徳芳(959−981)没す。ここに太祖の子は二人とも死んだことになる。かなり問題のある死に方であった。 
997  至道3 ★真宗(在位997−1022)即位 太宗の子。
1001  咸平4 ★天下の冗士19万5千余人を減ぜん。大量の解雇である。役人の数は唐代の倍もいたという。
1004  景徳1 ★澶淵の盟(せんえんの盟)、遼と講和条約を結ぶ。歳費として絹20万匹・銀10万両を、宋から遼に支払うことになった。
1019  天禧3  司馬光 生まれる。旧派の筆頭である。王安石の改革を覆した。しかし、自ら改革案を出せず、宋を亡国に導く。
1021  天禧5  王安石 生まれる。後に国政改革を断行する。
   参考  たくせん中国世界−王安石 −改革半ばにして− 
1022  乾興1 ★仁宗(在位1022−1063)即位。仁宗は即位するまで生母を知らなかった。知ったときは生母はすでに死去していた。
1038  宝元1  李元昊 夏(西夏)を建国、皇帝を称す。
1042  慶暦2 ★遼への歳費が絹30万匹・銀20万両となる。
1044  慶暦4 ★西夏への歳費 絹13万匹・銀5万両・茶2万斤となる。平和も購ったことになるが、遼と西夏への歳費は財政を圧迫した。役人の多いことに加え、租税負担層が薄くなり、税収が減ったことも原因で、亡国の道を歩み始める。
 このころ活字印刷術が発明される。
1060  嘉祐5  王安石「万言書」を奉る(1058年説あり)
1063  嘉祐8 ★英宗(在位1063−1067)即位。
1067  治平4 ★神宗(在位1067−1085)即位。
1069  煕寧2 ★王安石、参知政事となる。
 形式的には副宰相だが、事実上の宰相に相当する。財政危機に当たり、新法を実施した。以後、科挙の上位合格者による特権グループの旧法派と、改革を目指す新法派の間に、新旧の争いが起こり、王安石の改革は覆される。
1074  煕寧7  王安石 下野。
1075  煕寧8  王安石 また宰相になる。
1076  煕寧9  王安石 辞職。
1079  元豊2  蘇軾 左遷される。
1084  元豊7(1歳)  司馬光 資治通鑑を著す。
 ☆李清照生まれる。山東省済南。なお「李清照詞析賞」では元豊6年となっている。
 この表は政和4年31歳を基準にした。年齢は数え年である。
 

      つづく

 HPにあったものをここに移動しました。
 今までは、普通では表現できない漢字が多く、HPではちょっとした一般的でないやり方で、無理に入れていたのですが、今のブログではほとんどの漢字が表現できるようになりましたので、移すことにしました。
 長いので、唐末から李清照出生までを(前)、出生以後を(後)として前後に分けました。
posted by たくせん(謫仙) at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

李清照 −詞后の哀しみ−

李清照の悲しさ 李清照と宋詞 詞について 武陵春  文学 家庭環境 生涯

参考: 中国の女詩人   新譯漱玉詞   李清照後主詞欣賞
★李清照 年表

 絵には見えないが 賛 があり、その賛を書いた人は夫である趙明誠。
  政和甲午新秋徳父題於帰来堂 と記す。
     image3.gif
       易安居士三十一歳之照
 政和甲午  政和4年(1114)
 易安居士  李清照の号
 徳父    趙明誠の号
 帰来堂   趙家の図書館
 この絵は後世の模写である。菊の花を持っているが、原画は蘭の花を持っている。
    続きを読む
posted by たくせん(謫仙) at 09:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 人物像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

嫦娥 −月宮に住む美女−

 月に住む孤独な美女である。かぐや姫のモデルともいわれている。
 嫦娥(Chang e)は「じょうが」と読むことが多く、わたしもそう読むが、「こうが」とも読む。書くときはgou.gif娥と書くこともある。これならコウガと読みたい。
   続きを読む
posted by たくせん(謫仙) at 08:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 人物像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

朱鎔基 −普通に退任した首相−

 2000年12月に書いた文
 中国の朱鎔基首相が来日し日本人民衆との対話を試みた。これは録画放送された。
   続きを読む
posted by たくせん(謫仙) at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮城谷昌光 −古代史の案内人−

 もちろん日本の住人である。おそらく国籍もそうであろう。しかし、古代中国に焦点を当て、陸続と長編小説を発表しており、この部屋にふさわしい。
   続きを読む
posted by たくせん(謫仙) at 10:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 人物像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

李登輝 −中国最初の民主政治家−

 李登輝を語るには、台湾の特殊性を考えねばならない。
   続きを読む
posted by たくせん(謫仙) at 10:37| Comment(15) | TrackBack(0) | 人物像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金庸 −中国最高のPRマン−

 わたしは今、金庸の武侠小説に夢中である。 武侠小説は「任侠東海道」+「伊賀の影丸」に近い。そして金庸の武侠小説は歴史的事実を踏まえており、まるで歴史小説のようだ。
 そうはいっても、仮定世界であり、この世界の約束事を承知できないとむなしい。SF小説を楽しめる人ならば、武侠小説も楽しめるはずだ。その中でも金庸作品は群を抜いている。
   続きを読む
posted by たくせん(謫仙) at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

余秋雨 −現代中国の案内人−

 わたしの手元に余秋雨の書いた本がある。ある中国人留学生からプレゼントされたものである。
     山居筆記
   作者 余秋雨
   発行 文匯出版社
   印刷 1999年6月 復旦大学印刷厰
   定価 22元

 日本の出版物の常識からすれば、粗末に思える。紙は薄く裏写りし、逆目に紙を使い、折が悪くページごとに位置が踊っている。ただし印刷はきれいで読みやすい。
 その留学生から、わたしの書いた旅行記は、まるで余秋雨が書いたようだ、と賛辞をいただいた。もちろんお世辞である。   続きを読む
posted by たくせん(謫仙) at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

陳舜臣 −現代中国の扉を開く−

 中国を語るのに、この人を漏らしてはなるまい。
   続きを読む
posted by たくせん(謫仙) at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏姫 −春秋の妖花−

 中国を代表する女を一人あげよ。と言われたら、わたしは夏姫をあげたい。武則天ではなく、楊貴妃でもなく、西太后でもなく、夏姫である。
   続きを読む
posted by たくせん(謫仙) at 08:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 人物像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

李後主 −詞帝−

 李Uは唐の三代目である。あの有名な唐ではなく、後に南唐といわれた、五代十国の時代に金陵すなわち南京を都とした唐である。
   続きを読む
posted by たくせん(謫仙) at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

王安石 −改革半ばにして−

 人によっては北宋の王安石を中国史上最高の政治家という。中国におけるこの種の評価は時代を反映して揺れる。最高かどうかはともかく、希有の政治家であることはまちがいない。
   続きを読む
posted by たくせん(謫仙) at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

王昭君 −匈奴で得た幸せ−

 青史に見える王昭君の物語は悲劇である。
 簡単になぞってみよう。時代は漢の元帝の時という。
   続きを読む
posted by たくせん(謫仙) at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蔡文姫 −曹操が激賞した天才−

 蔡文姫は漢代末期のひとである。父は学者であり、文姫は子供の時から書物に親しんでいた。
   続きを読む
posted by たくせん(謫仙) at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香妃 −砂漠の花−

 公式には香妃の記録はないそうだ。
   続きを読む
posted by たくせん(謫仙) at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上官婉児 −選択肢なき悲しみ−

 姓は上官(じょうかん)名は婉児(えんじ)。この恵まれたように見える女を、かわいそうと評価しては、他の人から非難の声が来そうだ。
   続きを読む
posted by たくせん(謫仙) at 07:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 人物像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする