2017年09月17日

青城山

岡崎由美先生と行く中国の旅
四川省名山の旅−道教・仏教聖地と武侠文化を訪ねて 8

 午前中に都江堰を見て、午後は、神仙の山青城山に向かう。
 この山は低い山だと思っていたが、意外に高く、青城山の主峰の老霄頂は海抜1,600m。
 ここも広いので、その一部しか見なかった。
 武侠迷には、青城派の本拠地として、おうわさはかねがね……。

P8219310.JPG
 まずは青城山駐車場で、カートに乗り換える。山門近くまで5分くらい。少し歩いて山門である。

P8219311.JPG
 山門前

P8219312.JPG
 道観であろうか。

P8219357.JPG
 案内図だがかなり見にくい。
 区域が左右に分かれている。右が前山で道観が多い。左は後山で自然が幽玄だという。
 私たちが行ったのは前山である。

P8219313.JPG
 ここからは有料となる。

P8219316.JPG
 山門の裏にこんな絵があったが、これではなんだか判らない。
 山門から山登りになる。これは30分もなかった。

P8219320.JPG
 小さな湖があり、船で対岸へ、5分くらい。

P8219321.JPG
 湖を渡れば目の前がロープウェイの下駅である。

P8219322.JPG
 ロープウェイで山頂近くへ、すでに上は雲の中である。

P8219326.JPG
 またしばらく歩く、雲は薄いとはいえ、遠くは見えない。

P8219330.JPG
 先の地震で上から転げ落ちた岩。よく見ると本来の道の上にあることが判る。

P8219332.JPG
 ここまで来れば上清宮は近い。
 道は沖なれどもこれを用うればあるいは盈たず

P8219333.JPG
 大道無為。道教の祖、老子の言葉の大意だろう。「大道無為」という四文字語は見当たらなかった。

P8219334.JPG
 最後の登りといえるかな。

P8219336.JPG
 今回の目的地である上清宮に到着した。標高はこのあたりが一番高いのだろうか。登山用の山岳地図が欲しい。それは峨嵋山でも思った。もっとも日本の登山地図のような丁寧な地図は期待できないか。

P8219342.JPG
 一番上は目の前だ。

P8219345.JPG
 一番上の真ん中は、…判らない(^_^)。王重陽かしら。

P8219346.JPG
 全真七子像
 ン? 6人しか見えないが。

P8219348.JPG
 堂の前、雲がかかっている。

P8219351.JPG
 ここを通り下へ。

P8219353.JPG
 ローブウェイの下の駅はなんとか見えた。
 この山もほとんど雲の中。写真を撮ろうとすると暗いのが判る。
 峨嵋山より楽だったが、展望のきかない道は疲れやすい。久しぶりに疲れるほど歩いた。


posted by たくせん(謫仙) at 06:00| Comment(2) | 武侠世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
上清宮のあたりは海抜1200m弱のようです。
三清殿なので真ん中は元始天尊だと思います。
全真七子と確かに書いてあったように思いますが、実際は左右あわせて元始天尊の弟子の十二金仙と思われます。
十二金仙は日本では馴染みが薄いですが、封神演義などに登場します。
なぜ全真七子とあったのかは、さっぱりわかりません(^^;
Posted by 八雲慶次郎 at 2017年09月17日 10:05
八雲さん
海抜は1200mでしたか。いわゆる山頂ではないと思っていましたが、そもそも詳しい山の様子が判からないので、説明に困りました。いくつかの峰の頂上か。
真ん中は元始天尊は納得できます。
ガイドが「あちらが全真七子です」と説明していました。それでそう思っていたら1人足りない。どこかに説明がありました?
両側に像がありましたので、十二金仙は数が合いますね。わたしの知らない仙人です。
封神演義は2回読みましたが、「十二金仙」に記憶がありません。あらためて調べてみます。

ガイドは弥勒仏について、五六億八千万年後と説明していました。日本では五六億七千万年といわれているので、日中では違うのかと思っていましたが、これもいつか確認したい。
歴史が長く広い国なので奥が深い。
思い出しましたが、わたしの最初の中国語の先生は成都の出身で、「北京語?あれは田舎の方言です」。成都はそう言わせる歴史がありますね。(^_^)
Posted by 謫仙 at 2017年09月18日 07:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。