2017年09月08日

杜甫草堂博物館

岡崎由美先生と行く中国の旅
四川省名山の旅−道教・仏教聖地と武侠文化を訪ねて 5

 8月20日、峨眉山市から成都に戻る。午後から杜甫草堂の見学である。
 あらためていうと、
 杜甫は、中国盛唐の詩人。字は子美。号は少陵野老、別号は杜陵野老、または杜陵布衣。「杜少陵」「杜工部」とも呼ばれる。「詩聖」と評された。
 杜甫は乾元2年(759年)、安史の乱のせいで、成都への流亡を余儀なくされた。そこで親友である厳武の援助を得て、浣花渓の近くに茅葺の小屋を建てた。杜甫はそこで4年間の生活を送った。

 つまりこの草堂には4年間しかいなかった。もちろん当時の建物は残っていない。
 
P8209098.JPG
 この杜甫草堂は博物館で、これはその博物館の入り口である。

P8209101.JPG 
 照壁
 門の前の目隠し壁であるが、もちろん草堂にはない。博物館の壁である。

P8209102.JPG
 博物館の説明地図である。
 正門を入って、詩史堂・柴門・工部祠・少陵草堂・茅屋故居と続く。

chizutoho.jpg
 この地図と上の説明図を合わせて見当をつけたが、はっきりしない。
 細かい説明は間違いそうなので省く。

P8209103.JPG
 見にくいが橋を渡るところ。

P8209104.JPG
 大廨、廨は初めて見る字だ。役所のこと。

P8209105.JPG

P8209107.JPG
 入り口から見て建物の左側、両側にこのような回廊がある。

P8209108.JPG
 詩史堂

P8209109.JPG
 柴門
 当時この名前の門があったので、柴門としたが、おそらく、名前ばかりの門であっただろう。この門は清の時代の建築。向こうの建物は工部祠。

P8209110.JPG
 柴門の手前にこの水路(池?)がある。

P8209112.JPG
 工部祠
 工部は杜甫のこと。「検校工部員外郎」を勤めたゆえ、こう言われたとか。

P8209115.JPG
 少陵草堂の碑亭
 杜甫草堂のシンボル的存在。清代康煕帝の子、雍正帝の弟果親王である、愛新覚羅允礼の書いたもの。

P8209116.JPG
 茅屋故居。当時の杜甫の記述に合わせて再現した。庭には松が四本などの記述があって、四本植えたとか。日本人好みの庭である。

P8209118.JPG 
 上の柴門とは、本来こんな門ではなかったか。

P8209119.JPG
 室内の様子。

IMG_7435.JPG
 土間が一列に並んでいた。
 なお、本当の草堂跡はこの裏の方にあたる。

P8209120.JPG
 見学を終えて門を出る。門前は道の向こうが浣花渓、その向こうは高級住宅地。
posted by たくせん(謫仙) at 07:00| Comment(0) | 武侠世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。