2017年09月04日

四川峨眉山文武学校

岡崎由美先生と行く中国の旅
四川省名山の旅−道教・仏教聖地と武侠文化を訪ねて 4

 峨嵋派武術は少林寺武術や武当山武術と並び三大武術といわれるが、峨嵋派としてまとまっているわけではない。
 春秋時代に司徒玄空という最初の武術家が現れた。猿の動きから、「峨嵋通臂拳」を編み出したと伝わる。その後も多くの武術家が独自の武術を編み出した。その中には女性もいる。それが金庸小説で郭襄(小東邪)を峨嵋派の開祖扱いした元らしい。四姉妹が蛾眉の四山に姿を変えたという伝説もある。
 現在四川には、67派あり、四川省由来が28派である。(以上、八雲さんの解説による)

 ガイドの李さんが言った。
「20年ガイドをしてきて、多くのツアーを案内してきましたが、武侠のツアーは初めてです」
 そこで、岡崎先生の事を調べたら、大変なひとで驚いたとか。
 四川峨眉山文武学校の見学を申し込んだとき、団体名を聞かれたという。
 岡崎先生は、「授業の邪魔にならないよう、授業の様子など見学させて頂きたいと思っていたのですが」
 この学校では武術ばかりでなく、ふつうに学問も学ぶ。現在は武術だけで生活するのは難しい。現代の学問も修得せねばならない。そんなわけで、文武両道の学校となった。
 峨嵋山を下りて、4時ころに四川峨眉山文武学校に着いた。

P8199010.JPG
 門には大きな横断幕。これには驚いた。

  歓迎、日本の中国武術ファンの友人たち

P8199011.JPG
 そして生徒たちが整列して出迎え。左でカメラを構えている人は学校の職員である。
 案内してくれたのは校長先生。向こうの低く横に長い建物が校舎である。体育館は左奥になる。
 わずか12人の武侠迷は恐縮してしまうではないか。

P8199016.JPG
 武術ばかりでなく普通のスポーツもする。

P8199018.JPG
 体育館の写真がないが、そこに行く途中にあった武術家の像、背中の槍は短くしたが、峨嵋槍は長槍である。

P8199023.JPG
 体育館で演武を見せてくれた。
 私たちの両側には生徒の父母らしい人たちがいた。

P8199028.JPG
 演武の後ろには、門で見たと同じ横断幕。

P8199050.JPG
 刀術
 中国では剣術と刀術は異なる。動きは円を描き、休み無く動く。わたしには相手に背中を見せるのが気になる。その一瞬に勝負が決しないか。
 日本では刀を使いながら、剣道・剣術という。細身なので中国の剣に近い。

P8199063.JPG
 武術の中心となる張氏、峨嵋派僧門第十四代傳人。教師ではなく仏教僧侶。
 手足以外はぴくりとも動かない。その後の目にも留まらぬ早業。

 八卦掌、八卦刀、虎拳法、猴棍、羅漢拳、峨嵋刺など30分ほど演武を見せていただいた。

P8199071.JPG
 変面も披露。

P8199076.JPG
 校舎

P8199079.JPG  P8199081.JPG
 南宋建炎年間に白雲禅師が、峨嵋十二〔木+庄〕功という練功法を創作する。という話もある。

P8199082.JPG
 門脇に四川峨眉山文武学校とある。猿の絵は司徒玄空の故事由来であろう。
 四川省の山々は神仙伝説が多く、司徒玄空や白雲禅師をはじめ武侠の先達たちも神仙伝説に彩られている。四川省は中原とは違った古い文明の発祥した地域なのであった。
posted by たくせん(謫仙) at 06:00| Comment(0) | 武侠世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。