2017年09月01日

峨嵋山(峨眉山市)

岡崎由美先生と行く中国の旅
四川省名山の旅−道教・仏教聖地と武侠文化を訪ねて 3

 19日は楽山市から峨眉山市へ向かう。地名などは「峨眉」だが、小説やドラマでは「峨嵋」が多い。区別はないようだ。(8時発)

P8198968.JPG
 峨眉山市で登山用の景区エコカーに乗り換える。(9時15分)

P8198975.JPG
 途中休憩の売店。(10時)

P8198976.JPG
 2時間ほどで峨嵋山の中腹、雷洞坪まで行く。(11時5分)
 ここから山歩きが始まる。ロープウェイの乗り場まで山道を登る。

P8198977.JPG
 一般の人のエコカー乗り降りはこちら。

P8198978.JPG
 霧が濃く、霊場らしい雰囲気だが、景色は見えない。
 低い階段が多く、歩きやすいとはいえ、30分の登りはきつかった。(11時40分着)
 ロープウェイで金頂へ。雲が多く展望は開けない。
 ロープウェイを下りて、少し歩けば山頂である。

P8198980.JPG
昼食にする(12時15分)。
 周りは雲であり、見晴らしはよくないが、山頂部分だけははっきり見えた。

P8198981.JPG
 晴れていれば、こんな山並みが見えるはず。

P8198984.JPG
 金頂(3077)には巨大なクレーンが動いていた。堂の工事中であった。

P8198986.JPG
 金ピカの巨大な普賢菩薩、象は普賢菩薩の乗り物である。
 峨眉山は中国三大霊山(五台山、天台山、峨眉山)の一つといわれている。
 ウィキでは、
 26の寺院を有し、普賢菩薩の霊場とされる。一番高い峰が万仏頂(標高3,098メートル)で、頂まで32の名刹が続いている。
 とある。名刹数<寺院数のはず。どっちの数字が正しいのか。もちろん昔はもっと多かった。
 このような霊峰なので、
自然が護られ、約3,000種の植物と、絶滅危惧種を含む約2,000種の動物の宝庫でもある。1996年12月6日には文化面、環境面両方が考慮され、楽山大仏と共に「峨眉山と楽山大仏」としてユネスコの世界遺産(複合遺産)に登録された。

P8198993.JPG
 記念撮影。それにしても三千メートルの山頂に、こんな巨大な像をよく建てたものだ。

P8198996.JPG
 展望台(?)にあがる。周りは雲の中。不思議に頂上部だけ雲がなかった。

P8198997.JPG
 堂も金ピカ。寺号は華蔵寺である。金頂には臥雲庵という別な寺もあるはずだが、どこなのか。

P8198999.JPG
 普賢菩薩像を横からみる。こう見る方が大きさを実感する。

P8199000.JPG
 もう一つの堂の新築・改築中である。

P8199001.JPG
 こちらの堂はかなり金メッキがはげている。

P8199004.JPG
 こちらの建物は何か。
 寺院の説明はほとんど無い。まあ宗教的な意味合いでお参りしているのではないので、かまわないのであるが、インターネットでもはっきりしない。
 気温は高かった。海抜3千メートルの山頂で、半袖姿が目立つ。本来寒いくらいの方が、歩いているとちょうどよい。

P8199007.JPG
 下山途中に見えた。雲の中である。
 登山の注意として猿に用心といわれたが、一度も見なかった。凶悪らしく、油断していると持ち物を取られる。猿は猛獣なのだ。よく見られるのはニホンザルと同系統の猿である。
 今回は金頂のみだったが、他にも峰があり寺院がある。見えなかったのは残念。大雨の予報が傘を使わずに済んだことでよしとしよう。それにもう一カ所行く予定があるのだった。
 14時20分エコカーに乗り景区出口に向かう。
 15時35分到着した。
posted by たくせん(謫仙) at 06:00| Comment(2) | 武侠世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
3000mの山頂に金ピカの巨大な普賢菩薩・・・
建物と較べると大きさが実感できますね。
有難味が増しそうですね。もっとも大きければよいとは思いませんが、それは日本的な考えなのかもしれませんね。
沢山の参拝客(観光客?)、さすがは世界遺産ですね。
個人的には一番下の写真が好きです。

Posted by オコジョ at 2017年09月06日 14:20
オコジョさん
まあ私たちは宗教のご参拝ではないので、観光施設としか見ていませんが、強力が砂や石を背負って歩いているのを見ると、ああこの積み重ねなんだなと。実際出来たばかりなんですけどね。以前は通信の中継施設があったと言います。
ここは自然遺産でもあるので、あまり施設を追加するのは止めて貰いたいが、それも外部の人だからいえることなんでしょう。
麗江など、新しい「老街」を作りすぎて、世界遺産が解除されそうな話もあったとか。
一般的に言えば、維持に力を入れていると思われます。
Posted by 謫仙 at 2017年09月06日 20:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。