2016年09月25日

青島

岡崎由美先生と行く
水滸伝の舞台と世界遺産「曲阜・泰山」を訪ねる旅 11
青島

 今回が最終回になる。
 8月22日の午後8時頃、青島(チンタオ)に着いた。これも15分くらい遅れた。
 夕食は海鮮料理である。これが最後の宴になる。
 ガイドの王さんから、かめに入った紹興酒「女児紅」の差し入れがあった。そして「わたしの方が岡崎さんにガイドされました」と挨拶。

 翌朝、23日(火)はからりと晴れていた。

P8238106.JPG
 朝食前に散歩に出た。まだ日も差さないうちに海に入っている人が多い。その向こうが小魚山公園だ。今日の観光予定。

P8238113.JPG
 右の最上階が丸く回転する建物が泊まったホテルだ。

 朝食のため、ホテルに戻り最上階の回転レストランに行こうとしたら、エレベーターが途中で止まってしまう。まだ時間前だった。

P8238128.JPG
 これは最上階より。
 朝食後に小魚山公園にむかう。昔の町並みなので道がわかりにくい。しかも途中から大型車が入れなくなっていて、歩くことになる。

P8238135.JPG
 青島は昔ドイツの領土だったことがある。そのときの町並みが今も保存されている。ドイツが引き上げても、次に建築する人たちはドイツの町並みをまねた。

P8238137.JPG
 この道もドイツ的。

P8238138.JPG
小魚山公園は有料である。

P8238141.JPG
 手前はドイツふうの町並み。向こうは高層ビルが建ち並ぶ。

P8238147.JPG
 日本が占領したとき、水族館を造ったという。半分隠れてそっと顔を出しているのが日本的(^_^)。

P8238151.JPG
 けさ散歩した海岸。

P8238154.JPG
 信号山公園。詳しいことは忘れてしまったが、歴史がある。

P8238155.JPG
 小魚山公園を下ると、道路工事をしていた。その発電機。重慶の会社が製作したようだが。

P8238157.JPG
 海岸に出て大桟橋を見る。バスは込んでいて入れず、少し離れたところで降りて歩く。

P8238161.JPG
 青島を占領しようとする軍は必ずこの桟橋から上陸するとか。

P8238159.JPG
 青島の名前のもとになったという青い島。本当かどうかは……。
 写真を撮っただけで終わってしまった。バスに戻り、これから青島ビール工場へ。
 途中で大渋滞に巻き込まれた。交差点で身動きがとれなくなってしまったのだ。駐車している車があって車線が狭くなっているのに、あとから来た自動車がなんと反対車線に入り込む。あちこちの車の運転手が出てきて、交通整理に当たる。パズルを解くような車の移動だった。

P8238162.JPG
 有名な青島ビールの工場見学。
 王さん曰く、
「水がうまくないと、ビールもうまくない。今は雨期なのでここの水が一番うまいとき。この工場以外で造られた青島ビールは、名前は青島ビールでもうまくない」
 青島では、一年の降雨量の半分はこの2ヶ月に降る。

P8238165.JPG

P8238164.JPG

P8238169.JPG
 庭の様子

P8238163.JPG
 博物館に入る。昔の工場設備の見学である。

P8238174.JPG
 世界中のビールだ。

P8238176.JPG
 文字通りの生ビール。

 さてビール工場をあとにして、空港に向かおうとしたら、ここでもまた渋滞、道路に駐車しているバスがあって…、とにかく反対車線に入ってくる車は困りもの。運転手も焦っているようだった。
 空港に着いたときの余裕は約1時間。ぎりぎりセーフといったところ。旅行社から事情を連絡してくれていたので、到着と同時に私たちのためにカウンターを開いた。
 成田行きは30分ほど遅れた。その分空港内で余裕が出来た。
posted by たくせん(謫仙) at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 武侠世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック