2016年09月22日

岱廟(たいびょう)

岡崎由美先生と行く
水滸伝の舞台と世界遺産「曲阜・泰山」を訪ねる旅 10
岱廟(たいびょう)

 8月22日(月)の午後は、泰山の南の泰安市にある岱廟(たいびょう)見学である。
 16.9.19-11.jpg     2017.2.4chizu.jpg
 泰山を祀る廟である。泰山の別名を岱山といったので岱廟となった。
 中国の三大宮殿の一つといわれる。あらためて言うと、北京の紫禁城と至聖廟と岱廟である。
 前回にも書いたようにカメラの電池が切れたので、自分の写真はない。写真がないと思い出せないものだ。他の人の写真が手に入ったので、紹介する。

2017.2.41024.jpg
 何陽街を城壁に沿って正陽門に向かって歩く。

2017.2.41026.jpg
 岱廟の城壁の高さは10メートルほど。

2017.2.41027.jpg
 正陽門の前には岱廟坊がある。

2017.2.41029.jpg
 正陽門から入る。

2017.2.41030.jpg
 最初に見える建物は配天門。

2017.2.41032.jpg
 宣和重修泰岳廟記碑
 宣和年間の岱廟の修復作業の様子が記されている。

2017.2.41035.jpg
 漢柏
 説明に、別名「連理柏」と言い、「水経注」に「漢武帝が定植したものなり」と記載されており、2100年以上の樹齢があると言われています。
 とある。

2017.2.41036.jpg
 これも乾隆帝が書いた漢柏に関する石碑。

2017.2.41040.jpg
 北宋時代の書道家米芾の石碑「第一山」

2017.2.41043.jpg
 多くの碑文がある。
 李斯の碑文があるのにびっくりした。ただし残っているのは10文字だけ。始皇帝の時代である。
 本来は泰山山頂にあったものを移した。

2017.2.41046.jpg

2017.2.41047.jpg
 東御座
 岱廟は歴代の皇帝が、泰山を訪問した折に立ち寄る、行宮としても使われた。
 乾隆帝も泰山に登るときはいつも、岱廟にお参りして、数日泊まっていく。泰山に登ること6回、東御座は8回使用した。

2017.2.41058.jpg

2017.2.41062.jpg
 中心となる天貺殿は工事中。中には入れた。

2017.2.41064.jpg
 銅亭
 全体が銅でできている。1615年に鋳造された。

2017.2.41068.jpg
 後ろの門。「厚載門」のはずだが上の地図では「后宰門」と読める。
 この門を出ると、まっすぐ泰山の登り口に至る。

 岱廟は、南北約520メートル、東西約230メートル、至聖廟より少し小さい。
 ある場所でガイドの王さんが、「これも……あの人が…、」これだけで笑い声が上がる。
「皇帝をあの人なんて言ってはいけませんね」
 つまり乾隆帝が…である。結局、乾隆帝の足跡をたどる旅になってしまった。
 王さんは説明するとき、キシュウとかゲンシュウとかいう。とっさに誰だか判らなかった。
 岱廟をダイビョウと言ったとき、岡崎先生が注意というか、訂正を言った。
「岱廟は日本ではふつうタイビョウといいます。ダイビョウでは判りません」
 又、
「キシュウやゲンシュウもシュウではなくてソウと読みます。だからキソウ・ゲンソウといいます」
 徽宗・玄宗のことである。岡崎先生はこういう意味のことを言ったのだ。それでわたしはその前の説明の意味が通じた。

 この名の読み方は微妙な問題がある。日本語ではどう読むかは習慣に近いだろう。中国語でも現代語と、当時の読み方とでは違う。また地方によっても違うだろう。
 隋に煬帝という皇帝がいた。普通に読めばヨウテイであるが習慣的にヨウダイと読む。ダイと読まれるのはこの皇帝一人だけだ。辞書もそうしているが、ある研究者が「日本だけの習慣で何の根拠もない。ヨウテイでよい」と書いていた。

「7 水滸影視城」のところで、「済水(せいすい)」と書いたが、ウィキでは「さいすい」と仮名を振っている。「さいすい」という読み方は初めて見た。
 天龍八部の第一巻P92に、段誉が、「字は和誉」と言うが、「かよ」と仮名を振っている。これは小説の主人公なのでどうでもいいが、いつも「わよ」と読んでしまう。
 その他でも仮名を振るのが少し怖くなる。

 一時間ほどで見学を終えて、バスで高速鉄道の駅まで行く。

2017.2.41075.jpg
 まるで在来線のような雰囲気の泰安駅ホーム。

 泰安発 16:35
 青島についたのは19:55
 15分ほど遅れている。窓外の景色は田園地帯が続く。見渡す限りハウス栽培の所もあった。はじめに書いたように、この辺りは華北の食料庫だ。7月8月しか雨が降らないので(たとえば青島では、一年の雨量の半分がこの二ヶ月に降る)、みな雨の降ることを願っている。私たちの行く先々が晴れていたのは例外的で、前後で豪雨のニュースがあった。
 そのことが判ってみると、黄河の水が途中で少なくなり、海まで達しないことがあっても納得できる。
posted by たくせん(謫仙) at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 武侠世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442104005
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック