2016年08月30日

孔子の古里、曲阜と闕里

岡崎由美先生と行く
水滸伝の舞台と世界遺産「曲阜・泰山」を訪ねる旅 2
孔子の古里、曲阜と闕里

 曲阜(きょくふ)駅には5分ほど遅れて到着した。
2016.2.02.2.jpg

 駅を出て十メートルほど歩いたとき、ポツリと雨が降ってきた。午後8時ころである。
王「雨です、急ぎましょう」
 雨よけのため、百メートルもない所に行ったが、瞬間的に大雨となった。迎えのバス(大型車)はここには入れない、バスの所まで行けない。

P8197666.JPG
 左の建物が駅舎

 待てども雨はやまず、タクシーに分乗してホテルに行く。水たまりはモーターボートで行くように波しぶきがあがる。あるところで「令狐冲」の看板を見た。何人も見たという。あれはなんだろうと話題になったほど。瞬間的に目に入るのだ。令狐冲とは“秘曲笑傲江湖”の主人公の名前である。
   2016.2.02.3.jpg
 (9/11追記:令狐冲は焼き魚料理のチエーン店だった)
 ついたホテルは闕里賓舎(けつりひんしゃ)、L字型に孔子廟と孔子府に挟まれている。
 一時間ほど遅れたが、食堂のスタッフが待っていてくれた。
 夕食のビールは青島ビール。この後も昼食と夕食には必ずビールが付いた。毎日二回づつ宴会をすることになる。
   ♪♪兄弟が出会えば三椀の酒

 20日(土)の朝、雨はすでにやんでいた。朝食後に有志で散歩に出た。

P8207671.JPG
 窓外は孔子廟と孔子府に続く道。

P8207701.JPG
 ホテル闕里賓舎の玄関
 左に孔子廟、裏に孔子府がある。

2017.2.3.240.jpg
 孔子廟に向かう。まずは水の補給。

P8207676.JPG
 中国らしい商店街、上の「窓外の道」である。

2017.2.3.241.jpg
 孔子の時代の書物。木簡であった。繁体字なのでそれらしい雰囲気。
P8207679.JPG
 前は孔子廟の入り口方向、後ろは孔子府の入り口。ここの街路を闕里街という。

P8207683.JPG
 闕里(けつり)
 この門を闕(けつ)という。この中(里)が闕里(けつり)だ。この向こうは新興の街、と言ってもいつのことか。

P8207684.JPG
 電信柱を立ててから、商店ができたらしい。ただし、商店街はそうとう古そう。
 
P8207687.JPG
 昔の孔子廟の入り口。といってもいつの時代か。
 徳r天地の文字があるが、門の名前はなんだろう。

P8207691.JPG
 城門を抜けて右側、人の集まっている辺りが孔子廟への城門。

P8207698.JPG
 わかりにくいが概略。
 これから、世界遺産の孔廟・孔府・孔林を見学する。

P8207697.JPG
 中国語の説明 横1000ピクセル
posted by たくせん(謫仙) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 武侠世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック