2016年06月04日

水滸伝の舞台と世界遺産「曲阜・泰山」を訪ねる旅

岡崎由美先生と行く中国の旅 
水滸伝の舞台と世界遺産「曲阜・泰山」を訪ねる旅

 4年ぶりに「岡崎先生と行く中国の旅」が企画された。
 今回は山東省の旅、水滸伝の舞台などだ。今までは金庸ドラマに沿っていたので江南が多かった。なので山東省は初めての旅になる。
水滸伝は一部分に史実が含まれている。金庸小説と同じく、史実と実際の地理が基になり、全くの虚構ではない。
 あと東岳泰山は金庸小説では何度も登場する。高さは1,545m、それほど高くはないが、 道教の聖地である五つの山で最も尊いとされている。

内容
2016年8月19日(金)〜8月23日(火)4泊5日間
同行講師:岡崎由美先生
旅行代金:196,000円 ※二人部屋利用時 
募集人数:15名(最少催行人員:10名)
申込締切:2016年6月15日(水)
旅行企画:(株)キャラバンツアー 担当・増山

ツアー日程
19 成田〜青島(全日空)昼・機内食
   青島〜曲阜東(高速鉄道)
   宿泊 曲阜闕里賓舎
20 曲阜観光 世界遺産・三孔(孔廟、孔府、孔林)など。
   孔府家宴の夕食
   宿泊 曲阜闕里賓舎
21 専用車で東平へ。
   水滸影視城見学。
   その後、泰安へ。
   宿泊 泰安虹橋賓館
22 世界遺産の東岳・泰山観光。
   ロープウェイで山頂へ。紀泰山銘碑、碧霞祠、玉皇頂などを見学。
   午後、中国三大宮殿の一つ岱廟を見学。
   青島へ。(高速鉄道)
   宿泊 青島匯泉王朝大飯店
23 青島市内見学 桟橋、小魚山公園、青島ビール工場。
   帰国(全日空)

問い合わせ先はキャラバンツアーの下記アドレスまで。
http://ats-ngo.com/contact.html
「岡崎先生と行く中国の旅」増山さま宛。
posted by たくせん(謫仙) at 09:18| Comment(6) | TrackBack(0) | 武侠世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
楽しみですね。
水滸伝は読んだことがありますが、舞台は山東省なのですね。
内陸には行ったことがないのですが、水滸伝の舞台とは反対側の山東半島の威海には勤めていた会社の得意先があり、定年退職の数年前には年に何度も青島経由で訪れました。もっとも、青島から車で直行ですが、中国区の日本と較べると荒涼とした感のある道を思いだしました。
素敵な旅になるといいですね。
Posted by オコジョ at 2016年06月07日 09:19
オコジョさん
最近の中国はかなりインフラ整備されていて、少なくとも観光客は快適に過ごせます。と言っても、私たちの旅はほとんど江南。山東省などはどうなんでしょうね。
現在の北京に行く気がしませんが、山東省あたりならそれなりに歴史のある地方なので、快適ではないかと思います。
岡崎先生と行く旅は、思わぬところ、普通の観光コースではなかなか行けないところが多いので、それが楽しみです。
Posted by 謫仙 at 2016年06月07日 12:57
今回もなんとか参加できることになりました。
成田には行けないので青島で合流ですが、よろしくお願い致します。
Posted by 八雲慶次郎 at 2016年06月10日 21:52
八雲さん
こちらこそよろしく。
前回はかなり皆さんに迷惑をかけてしまって、申し訳なかった。
疲れているときに一瞬の隙が出来てしまいました。山好きにしてはあるまじき失態。今回はそれに気をつけていようと思います。
水滸伝、小説は読んでいますが、ここの撮影所を舞台にしたドラマは見ていません。話が通じるかな。まだ時間があるので、数回分は見ておこうかなとも思います。
Posted by 謫仙 at 2016年06月11日 08:08
私もまたお世話になることになりました
よろしくお願いします。
Posted by 迷子 at 2016年06月16日 01:01
迷子さん
今回もご一緒できますか。
ドラマ水滸伝は迷子さんが頼り。いやもちろん岡崎先生もいますけど。
実はわたしはまた水滸伝を見ていないンです。
迷子さんの説明を読んである程度理解できました。俳優群像の方は全く判りません。(^_^)。
泰山も楽しみです。よろしくお願いします。
Posted by 謫仙 at 2016年06月16日 09:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック