2013年11月18日

第9回武侠迷大幇会2

第9回武侠迷大幇会2
 先日、第9回武侠迷大幇会に行ってきた。その朝、関西幇主のブログを見たら、次のような話が載っている。
 答えを書いてみた。

 ゲストの方から、逆QAで使われる質問が届きました。
 開催直前ですみませんが、みなさまには事前に御回答を考えておいていただきたく思います。

 岡崎先生からは以下の御質問:
1.武侠以外に好きなエンタメを教えてください。
(ジャンル不問、いくつでもかまいません)

答 碁が一番、小説はSFが中心。小松左京・星新一・平井和正・栗本薫・田中芳樹など。最近はあまり聞きませんが、落語に夢中になったことがあります。談志が一番、志ん朝がその次か。その流れかハチャハチャ小説が好き。

2.翻訳で読みたい中国エンタメがあれば教えてください。
(ジャンル、作家、作品、こんな感じの等何でもかまいません)

答 史実を背景にした冒険もの。代表が金庸でしょう。今では僕僕先生のシリーズなと。

3.武侠エンタメを友達に紹介するとしたら、どういうタイプの友達に紹介しますか。(あるいは実際に紹介されましたか)
答 もちろん本好きですが、わたしのまわりの本好きは、武侠とかSFを好きな人はほとんどいない。「荒唐無稽でバカバカしい。時間の無駄」と。その荒唐無稽が面白いんだが。
 ひとりだけ面白いと言った人がいた。「張無忌ってアホやね」。今は個人的に紹介することはない。
 ブログで武侠小説やドラマの碁の場面を紹介したりしている。(千寿会HPも)、また謫仙楼対局という武侠用語を用いた冗談棋譜を書いている。 金庸小説美人番付 なんてのも書いた。

   …………………………
 角川書店の丹羽さんからは以下の御質問。
1.武侠小説は読んだのか?きっかけは?

答 図書館で偶然「秘曲笑傲江湖」を見つけたのだったかな。

2.どの作品がいちばん好きか?
答 「射G英雄伝」絵も気に入った。特に江南有情のお蓉ちゃんの絵。次が「秘曲笑傲江湖」最近は「鹿鼎記」も。
 金庸以外では、僕僕先生のシリーズなど。

   …………………………
 柳川さん&マクザム佐藤さんからは以下の御質問。
1.原作が無いドラマは期待値が下がりますか?

答 原作云々は気にしない。それよりも整合性のあるものを。実際金庸作品以外はあまり見ていない。

2.DVD-BOXの特典で嬉しい(嬉しかった)ものは何ですか?
答 特典といえば特典映像くらいしか思い出せない。

3.『新 笑傲江湖』など、新しいキャストによる映像化作品をどう思いますか?
 また、[新版]ドラマはキャストのイケメン化・若返り化が進み、オヤジ率が低くなっているように感じますが、こうした傾向をどうお考えですか?

答 わたしは見ていないのでなんとも。合理性がなくなって耐えられなくなるかな。

 なお回答者は当日参加者の中から指名しますので、よろしく心の準備をお願い致します。
posted by たくせん(謫仙) at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 武侠世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/380526803
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック