2012年09月26日

襄陽航空事情

武当山武術発祥の地・世界遺産「武当山」を訪ねる旅 9

4日目
 この日は観光はなく、襄陽に向かう。ガイドは「忘れ物はありませんね」と言うが、判っていたら言われるまでもなく取りに戻る。ここに来てトランクを開けて検査する人はいない。
 わたしはウエストバックを開けてパスポートと財布を確かめる。始めたのが遅かった。
 かなり前の雲南旅行のとき、ガイドはバスに乗る度に「忘れ物はありませんね。パスポート・財布・眼鏡・時計・入れ歯、触るだけでなく実際に目で見て確認してください」と言っていたことを思い出した。実際「入れたはずなのに」と慌てた人がいたのだ。いつもとは違うポケットに入れていた。
 言いわけがましいが「忘れ物はありませんね」だけではあまり意味がない。

 このころは上海に台風の影響があるかどうかが注目の的だった。この日のうちに上海に行けないと翌日の成田便に間に合わないのだ。とにかく襄陽まで行く。
 昼食後、空港の搭乗手続きを済まして空港内に入る。台風は上海をかすめて通り過ぎ、朝鮮半島に近づいていた。一安心。
 予定は13:40発。ところが搭乗口が開かない。かなりたってから、上海便搭乗の指示が出たが、いっこうに乗せる様子はない。
 空港の売店で時間を潰すが、たいしたものがあるわけではない。
 アナウンスがあって、機体に不備を見つけたので整備員が直しています、と言う。
 3時ころになって、直せないので武漢の空港から部品を取り寄せる、それに3時間かかると言う。それから直すわけだ。中国人客が騒ぎ出した。かなり帰った人もいる。
 旅行団では、武漢まで行き、それから特急電車に乗って上海まで行くことも検討された。まとまった切符が取れるかどうか。添乗員は会社と連絡をとって、他の方法も検討したようだが、いずれも困難がある。
 夕刻近く(4時ころかな)なって、市内のホテルで休息してあらためて空港に来ることになった。そこまでバスで40分以上かかる。けっこう遠いのだ。夕食も航空会社が用意した。まあ機内食代わりだな。
 八時半ころだったか、200元を受け取り、ようやく飛行機に乗った。上海のホテルに着いたのは夜中の11時ころ。
 上海のガイドは、3時から空港で待っていたと言う。

P8285623.JPG
 このホテルは夜中に着いて朝早く出発した。

 前に 雲外の峰−大洪水の義捐金 で航空機の問題について、わたしの中国語の先生(大人になってから日本に来た)が言った話の要旨。
 中国は格安旅行はすべきでない。サービスが済むまでお金を払ってはならない。払ってしまえば以後はまじめにサービスしない。
 欧米人の場合は抗議することが判っているため、なにも言わなくても優先的にホテルに送るが、日本人は抗議できないため、安心してサービスに手を抜きごまかす。とにかく苦情を言うこと。中国人客はもともと格安料金なのでサービスは期待していない。
 
 という話を思い出した。実際に経験してみると何か違う。
 日本の場合は遅れることはめったになく非常事態で、そんな時は抗議しても仕方ない。そして客は平等に扱う。だから普通の人は抗議の経験などない。
 遅れることが日常の中国では、抗議しないと放って置かれる。つまりとにかくダメ元で抗議する。逞しいが、そのような生活は疲れるだろうなあ。
posted by たくせん(謫仙) at 07:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 武侠世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ずいぶん遅れたのですね。
よく我慢できましたこと。ても暴動にならずよかったのかな。
ちょうど尖閣問題で、デモが続発していた当時ではありませんか。
こんなことまで楽しんでしまう旅行団に脱帽します(笑)。
私もいちいち抗議してうんぬんというのは、やりたくないと言うかできないです。
Posted by mino at 2012年10月02日 19:14
minoさん
楽しんでいるわけではありませんが、それほどの悲壮感はありませんでした。
万一なら帰国がのびてもかまわない程度の気持ちはみんなありますから。一番困ったのは添乗員ではないでしょうか。
デモの問題は全くありませんでした。襄陽まで政府の指令が届かなかったのかな。内陸部ですので、海への関心が薄いのかもしれません。
とにかく、一般の人は親切で、道を迷ったときも、一緒に歩いて、教えてくれたりしました。
いつものように波乱のある旅でした。
Posted by たくせん at 2012年10月03日 10:10
いろいろあった旅ですね。
でも、無事に帰れて良かったですね。
私は中国では観光地には行ったことが無いのですが、みんな親切でした。
もっとも、一度、飛行機のチケットを、無くした(取られた)時はすこしあわてましたか・・・

でも、日本とペースが違いますね。
やはり、住みなれた国が良いですね。
Posted by オコジョ at 2012年10月03日 14:05
オコジョさん
どこでも普通の人は普通に親切ですね。
とくに観光で行ったときは、それを見に来た、経験しに来た、という意味もありますから、忍耐力が出ます。(^_^)。
毎日の生活となると、耐えられなくなることでしょう。悪いわけではないンですけど。生活のペースの差でしょうか。
Posted by 謫仙 at 2012年10月04日 08:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/294239231
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック