2012年06月24日

岡崎由美先生と行く中国の旅

 武当山武術発祥の地・世界遺産「武当山」を訪ねる旅
 今年は「岡崎由美先生と行く中国の旅」があり、わたしも参加する。
 一昨年の「横店の旅」では最後の日に初めて他の日本人観光客と遭遇した。添乗員が言った。
「このツアーがマニアックな場所ばかりまわっていたということがよくわかります…」
 その後、今度はどこに行こうかという話があり、「武当山」の希望者が多かったが、「土谷(添乗員)さんの行きたいところにしましょう」
わたしなど、武当山がどんなところか知らないから、任せた方がいい。決まったのが次のような旅。

 武当山武術発祥の地・世界遺産「武当山」を訪ねる旅
  ─金庸「倚天屠龍記」「神雕侠侶」と明朝道教の世界─
旅行期間:2012年8月24日(金)〜28日(火)
訪問都市:襄陽・武当山・上海


詳しくは鞄十一世紀旅行の 岡崎由美先生と行く中国の旅 を参照。

襄陽は「神雕侠侶」のクライマックス襄陽城の戦いのあったところで(史実)、郭襄(小東邪)の生まれ育ったところ(小説)。
わたしはドラマ「倚天屠龍記」で何度も出てくる武当山の舞台を見ておきたい。
小説の「倚天屠龍記」は元末で、武当山の建物などは実は明の時代にできたもの。
武当山武術体験もある。わたしは見学に回りたい(^_^)。
最終日には上海で武術博物館見学もある。そんな博物館があるとは。

予備知識として、旅の講座もある。これは旅行に行かない人も参加できるが、事前の申し込みが必要。
posted by たくせん(謫仙) at 07:19| Comment(6) | TrackBack(0) | 武侠世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回もよろしくお願い致します。
武当山周辺は、前回の横店の時以上に酷暑が予想されます(先日40℃が観測されました)ので、十分な暑さ対策が必要です。
冬も寒くマイナス20℃まで下がることもあるそうで、道士修行は厳しいでしょうね。
Posted by 八雲慶次郎 at 2012年06月24日 19:15
八雲さん
こちらこそよろしく。
夏40度で冬マイナス20度は同じ場所なら砂漠地帯なみ。
夏40度は武漢で経験していますが、襄陽あたりはそれに準じるのかな。
地図を見ても山の高さが判らないンですが、高山ならマイナス20度もありそう。
夏なので、寒くなることはないと思いますが、講座の時にそのことも訊いてみましょう。
張紀中が階段歩きでバテていましたが、それほど長く歩くのかな。
Posted by 謫仙 at 2012年06月25日 07:51
参加しますので、どうぞよろしくお願いいたします。

武当山は海抜1612メートルだそうですが、いろいろな映像を見てみたところ、形がなんだか、日本の常識で考える山とは違うみたいで、あらゆる坂道や階段がものすごい角度みたいです。
私たちは観光客なので(友達には「修業に行く」とうそぶいてはいるが)、車で行ける所は車で連れてってくれると思うのですが・・・。

ところで、youtubeで10年前くらいのこんなドキュメンタリーを発見したので、見ました。↓
http://www.youtube.com/watch?v=Cxl0Spm0hmI

その結果、わかったのですが、武術の修業は断崖絶壁に飛び出した岩とか、屋根の上とかでやるようなので、私たちも体験レッスンのときは気をつけないといけません!
(あ、たくせんさんは見学でしたか。私たちが落ちたら、助けに来て下さい!)
あと、布団の畳み方が悪いと、棒で30回叩かれるらしいです! 要注意です!

おまけ↓
http://www.youtube.com/watch?v=umvS6BlSIPU
(このドラマ、まだ見てないので、みたいです。)

こっちの「少年張三豊」は見たんですけど、バタバタしたドラマですが、可愛くて面白かったです。
http://www.youtube.com/watch?v=PmRqPyQClsg&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=HcWn4G7tK-M&feature=related

でも、歌はやっぱり、映画のこっちの方がいいですね。↓
http://www.youtube.com/watch?v=dneNxo-ETto
Posted by 木苺 at 2012年06月26日 00:44
木苺さん
今年もよろしくお願いします。
海抜1612メートルなら高山というほど高いわけではありませんね。気温は下界より10度ほど低くなりそう。
修行は厳しそうですね(^_^)。
八雲幇主から紹介された http://www.chinawudang.com/ をみて多少の知識は得たものの、全体像がいまひとつ。
紹介していただいた中で、最期のはわたしも見ています。前回DVDを買いました(^。^))。
布団のたたみ方ですか。こんなたたみ方がありました。 http://takusen.seesaa.net/article/17099602.html この記事の下の方になります。

かなり観光化していて、頂上直下にもホテルがあるようです。
それにしても今でもこうして武術が伝わっているのは凄いことですね。
Posted by 謫仙 at 2012年06月27日 19:51
なるほど、布団はこういう風にたたむのですね。
多分縦に3つに折ってから、くるくる・・・ですね。
これで棒で30回叩かれないで済みます。

Posted by 木苺 at 2012年06月28日 22:22
わたしの泊まったホテル…というより宿屋と言った方が正しいようなところですが、何軒かこうしていました。もしかしたら高山族系の習慣かも…。
Posted by 謫仙 at 2012年06月30日 07:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック