2006年09月29日

楚留香 蝙蝠伝奇

 楚留香シリーズの蝙蝠伝奇の巻らしい。
 作者は古龍、台湾の武侠小説作家である。
 すでに故人であるが金庸に並ぶ人気者である。人間的には少し問題もあったようだ。裏社会との交流があったという。また著作権に無頓着で、代作をさせたりしている。

 楚留香とはルパンのような人物、のふれこみだが、内容は活動するホームズだ。武侠小説のミステリーで、その謎を解くほうだ。
 盗みの現場に香りを残すというのだが、その名人ぶりは一度も出てこない。おそらくこのシリーズの他の話にあるのだろう。

 訳者は土屋文子。岡崎由美とともに金庸の武侠小説を訳し、日本に紹介した人物である。
 この文庫本の発行は1999年。最近になって存在を知り図書館から借り出すことができた。
 わたしは前に古龍の「歓楽英雄」を読んでおり、この本も武侠作品として読もうとしたが、ミステリーが中心で、はっきり言って好みではない。

 なお、時代性はない。髪型は弁髪ではない。纏足はない。商業が発達している。架空の時代の話と思っている方がよい。
 この本もそうだが、武侠小説の翻訳者は女性がほとんど。おもしろい現象である。
posted by たくせん(謫仙) at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 武侠世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24603909
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック