2011年12月03日

中国文物図説 国立故宮博物院手冊

中國文物圖説 國立故宮博物院手册
国立故宮博物院   中華民国六十九年(1980年)九月 十六版

 初めて台湾を旅行したのは、1980年の12月から81年正月にかけての5日間のツアーであった。二日間はバスで台北市内観光。後は自由行動であった。故宮博物院も当然団体で案内される。二日後、自由行動のときに一人でもう一度故宮博物院へ行き、一日を過ごした。
 そのおり買い求めたのが本書である。

11.10kokyu1.jpg
 中身は繁体字の中国語(いわゆる北京語)であり、当時はまるで読めなかった。いまでも基本的には読めないのであるが…。

11.10kokyu2.jpg
 当時の全体像である。
 後ろの山に洞窟がありその中に文物が収納されている。それを三ヶ月ごとに順繰りに展示するのだが、全部見るには60年かかるとか。ただし、代表的なものは常設展示されている。
 当時もこの写真とは少し変わっていた。

11.10kokyu5.jpg
 大堂から門のほうを見る。前の芝生はこのようにすでに整備されており、左の方(門から大堂に向かって右側)は、後に庭園となっている。
 この本は展示品の案内書である。
 銅器・玉器・瓷器・彫刻・漆器・文具・琺瑯・法書・絵画・織繍・図像・図書・文献・附録、に分けて細かく解説している。
 最後の付録に、紫禁城にあるはずの宝物がなぜ台北にあるか、などを説明している。
 日中戦争の混乱から守るため、1933年に上海に運んだ(13491箱)。そして南京をえて成都などに分散し、第二次大戦後(1948〜1949)、国民党によって台湾に運び出されたのである(2972箱)。
 そんな解説で約半分の90頁ほどを費やし、後半の140頁ほどを写真集にしてある。
 青銅器は特に圧倒されてしまう。西周晩期の「毛公鼎」はかなり大きな物で直径は48センチほどだが、内側にびっしりと文字が書かれていて、その文字がこの博物館の最高の宝であるという。

11.10kokyu3.jpg
清 翠玉白菜
 わたしの一番好きなものは、この翠玉でできた「白菜」である。
 今年の春だったか、これを含めた門外不出の品が、日本で見られそうだというニュースがあった。新聞でもこの写真があったので記憶している方もいよう。ことしの3月に日本の法律が整い、日本に持ち込むことができるようになったのだ。2014年ころを予定しているという。もちろんそのときは大変な混みようで、じっくり見ることはできないだろう。わたしはすでに7回ほど見ている。

11.10kokyu4.jpg
文姫帰漢図
 図も部分図であるが、胡笳十八拍も一部分「第十八拍」
 蔡文姫に関しては たくせんの中国世界−蔡文姫 −曹操が激賞した天才−  を参照してください。
 わたしの手元の資料では胡笳十八拍の「第十八拍」は

   胡笳本是 出胡中
   絲琴翻出 音律同
   十八拍兮 曲雖終
   響有余兮 思無窮
   是知絲竹微妙兮 均造化之功
   哀樂各隨人心兮 有變則通
   胡與漢兮 異域殊風
   天與地隔兮 子西母東
   若我怨気兮 浩浩於長空
   六合雖廣兮 受之應不容


 であって、この写真とは異なる。わたしが参考にしている「詩詞世界」の 碇豊長の… では、わたしの資料とは少し違うが、ほとんど同じ。してみるとこの写真の文は「胡笳十八拍」のうちの「第十八拍」の説明と思える。

 山水画も多い。名筆もある。これらはあまり展示品としては見られなかったように思う。いつも最後の部屋になるので印象が薄いのか。

 以下の話は陳舜臣さんの説明であり、本に書いてあるというわけではない。
 一点の作品に三代も四代もかかった話には気が重くなる。その奴隷は一生かかっても、自分の作品を見ることができなかったことになる。まして、一生を穴蔵で過ごし青銅器を作り続けた人には、ただ悲惨としかいいようがない。
 これが商(殷)の時代の青銅器が最も優れている理由だが、殷周革命後、周はこれら奴隷を解放したため、生産技能がだんだん低下している。

 この本を紹介しても、もう手に入れることはできないが、同じような案内書ができているだろう。
 わたしは台湾に行くたびに、帰国の日の前日は台北に行き、故宮博物院で過ごしていた。そして次の日の便で帰ってきた。定宿は台北駅近くの「YMCA」、今でもあるのだろうか。
posted by たくせん(謫仙) at 07:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 台湾 八十年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も、台湾へ初めて行ったときに、小冊子を購入してきました。

白菜は、見るまではもっと大きい物かと想像していましたが以外に小さいのでビックリしました。

二回目に、我が家の秦王と行った時(今年6月)に、秦王は、小さなアーモンドの彫刻にいたく感激していました。
私の好きなものは、象牙を幾重にもくりぬいた、丸い物です。

日本に、白菜が来たら見に行きたいと思いますが、やはり現地の物は現地の空気の中で見たいです。
Posted by xihuan at 2011年12月08日 00:52
xi妹
白菜はそんなに小さかったかなあ。(^。^))
これはわたしの思い入れで大きくなっている可能性がありますね。
>小さなアーモンドの彫刻
なんだろう。記憶にないが、見ていないのかな。
>象牙を幾重にもくりぬいた、丸い物
これは判ります。ガイドは「つなぎ目がある」なんて言っていましたが、おそらく錯覚ででしょう。つながなくとも技術的にはできることが判っています。
ただ、大変な手間がかかります。その意味では白菜より高度な技能を必要とします。
だから、技能の謎という意味では興味深い物でした。
どれにしても現地でゆっくり観賞するのが最善ですよね。並んで思うように見ることができないのでは、価値が半減どころか断片しか見えません。だからわたしは見に行かない可能性があります。

曲三は価値の判る人でしたね(^。^))。大変な教養持ち主でした。(^。^))
Posted by たくせん(謫仙) at 2011年12月08日 20:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック