2006年05月16日

少林寺への道

05.10.28
「少林寺への道」を見た。
「十八銅人の逆襲」「ラマ僧の復讐」
 短いせいもあるのだろうが、底の浅いこと。
 天龍八部や射chou19.jpg英雄伝の大河ドラマを見終わったあとでは、物足りないのは仕方ないが、やたらアクションシーンが多く、それを必然にするためにかなり無理な設定をしている。清朝の皇帝が、若いとき名を隠して、少林寺に入門するのだが、その卒業試験が十八銅人との戦い。そんなロボットがいるはずないだろう。
 あり得ない技にはそのアイディアはおもしろいと思うのに、ロボットには拒絶感がある。
 しかも、まだ話は終わっていないのに、映画は終わってしまう。最初の命題はどうしたのか。
 ここらあたりが、わたしのカンフーものの限界か。

 なお、格闘シーンが子供だまし。普通なら斬りかかってきて、それをよけるのに、ここではほとんどは、よけてから斬りかかってくる。
 あるいは、よけなくても当たらないような打ち込み。武術の達人が、そんな打ち込みをするか!
そんなシーンが延々と続くので、早送りをして見る。とにかくストーリーのないのは辛い。
posted by たくせん(謫仙) at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 武侠世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17884760
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック