2006年05月07日

bankon.jpg
 台湾の最南端にある墾丁公園にある木、銀葉板根という。葉は写っていないが、白っぽい。根が板状になるのは熱帯に多く見られる。土が浅いのか、削られるに土に合わせて根を下に発達させたため板状になったのか。

kisei.jpg
 嘉義の公園内にあった。公園の入り口にいる管理人は旧日本兵だったらしく、今でも(当時)日本にいる戦友とは会うことがあると言っていた。わたしはかなり広い公園に思えたが、その人は小さくなってしまったと言う。
 細い方の木が根をからませたが、太い木のほうが成長が早く、浮き上がってしまった。

alisan.jpg
 今はなき、阿里山の神木、中は空洞になっていて、ほとんど枯れていた。後に雷に打たれて、倒壊した。
高さ52メートル、胸の高さの直径4662CMと読める。466.2でしょう。
全体像は「高山青」にあります。
posted by たくせん(謫仙) at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾 八十年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック