2009年05月31日

憶江南11 黄山5

江南を憶う 黄山5
               huanshan.chizu.jpg

2002.1.1.57.jpg
 まだ夕暮れには時間がある。
2002.1.1.60.jpg
 排雲亭付近から。日没が近づく、かなり雲が厚い。

2002.1.1.61.jpg
 山肌も雲に隠れたようだ。間もなく日没かと思ってカメラを構えても、太陽は顔を見せなかった。
 夕日ははっきりせず雲に隠れるように消えたが、時間どおり5時18分であり、それが日没だった。

 ふと「梨山痴情歌」の一節を思い出した。
   向こうの山に日が落ちて、また一日が過ぎました。
   冬が去って春が来て、また一年が過ぎました。
   梨山で今年も雪に耐え、痴情の花が咲いてます。
   飄々として雪は舞い、心変わった恋人は、
   すでに三年過ぎようと、影も形もありません。 謫仙訳

 あたりにいた大勢の人が、一斉に東に向かって歩く。まだ空は明るい。
 近くにはツアーで使うようなホテルが三軒あるが、他の二軒は休業中であった。みな黄山獅林大酒店(獅林飯店)に行くようだ。ホテルに着いたころは暗くなっていた。

 翌2日は朝日を鑑賞するため小高いところに登った。ガイドはあちこちのポイントを指示した。そのポイントごとに5人・8人と分散する。

2002.1.1.65.jpg
 朝日は山間の一番深いところから昇ってきた。ガイドは的確に場所を選んでいた。前回は日が高くなってからようやく見えた。

2002.1.1.71.jpg
 このポイントも日ごとに変わるであろう。

   大座する巌を照らす初日の出限りある身の道に輝け   謫仙

 沈さんも喜んでいた。
「今まで何十回もお客様を黄山に案内しましたが、朝日や夕日が見えたのは二度目です。天気に恵まれました」

 前回には料金所のあった有料道路のゲートは、係員もいなかった。入山料を徴収するので、その中に含まれているようだ。
 他の二軒のホテルが休業中であったため獅林大酒店に客が集中し、中国側の添乗員は部屋がなく、カラオケの部屋に集まって寝室代わりにした。夜中に客が扉を開くため十分に寝られなかったと言っていた。

 雲谷ケーブルで下山。屯渓(黄山市)の老街により、バスで杭州に向かう。
posted by たくせん(謫仙) at 15:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 江南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
岩峰の上に乗ったような太陽・・・
素敵な初日の出ですね。
ガイドさんの場所選びさすがです。
感動ですね。

こんな日の出は、本当に一生に一度ですね。
Posted by オコジョ at 2009年06月03日 10:55
オコジョさん。
このガイドはプロですね。何回も来て、勉強しているんでしょう。
しかも日の出から見えた。感動です。

一生に一度の経験ということは間違いないでしょう。
山にも行かなくなりましたし。

もう7年もたつのに写真を見ると思い出します。
Posted by 謫仙 at 2009年06月03日 19:06
こんな峰の間の一番深い所から昇る朝日が見られるとは、ガイドの場所の選び方はピンポイントですか。
岩を登ったような狭い所なんでしょう。大勢を的確に振り分けるのは名人芸。私も一度はこんな朝日を見てみたいものです。
読んでいて思ったのですが、これは初日の出ではなく二日目と思います。
でも短歌は初日の出と謳うのは当然です。
人生は長いのか短いのか分かりませんが、限りある身です。精一杯行きたいと思います。

Posted by mino at 2009年06月04日 20:15
minoさん。
すれ違いもできないほどの細い道のあちこちに、数人入れるような広いところや脇道があって、そこに分散しました。
広いところに大勢いましたが、そこではこのようには見えなかったはずです。
短歌というのは創作で、ドキュメントではありませんね。
歌人も病床で、砂浜で遊んでいる歌を作ったりしています。

minoさんも退職したら、奥様とゆっくり行ってみて下さい。
Posted by 謫仙 at 2009年06月05日 06:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック