2009年03月01日

連城訣の世界

 歴史性の薄い話である。時代はいつかはっきりしない。南北朝の梁の元帝(在位553〜554)が紅陵でかき集めた宝を巡る話である。
 第一巻P134に経緯が語られる。梁の滅亡後数百年以上経っている。梁は502−557なので、少なくとも唐になっているが、小説の雰囲気は唐ではない。弁髪でもないので、宋〜明の時代としか言いようがない。「金庸の世界」でも、これは限定できていない。
参考書庫−連城訣

 梅念笙の死を初年として年表を作る。年齢は正確ではない。
01:梅念笙が、萬震山・言達平・戚長発、三人の弟子に殺される。
   梅念笙は瀕死の身で連城訣と神照経(しんしょうけい)を丁典に託す。
02:丁典が神照経を学び始める。
03:
04:
05:
06:
07:このころ漢口で、丁典は凌退思の娘、凌霜華と恋仲になる。
08:丁典が襲われ、重傷を負う。
   凌退思は荊州の知となる。
09:丁典入牢。凌退思が丁典から連城訣の秘密を聞き出そうとしたため。
   以後、牢内の事件は全て連城訣が原因。
10:
11:狄雲・戚長発・戚芳が湘西から荊州に出てくる。
   戚芳18歳、狄雲20歳、戚長発50歳前。
   萬震山50歳。
   狄雲は冤罪で荊州の牢に入れられる。丁典と同室になる。
12:
13:
14:沈城が萬圭と戚芳の婚礼の引き出物を持って牢に来る。入牢4年目の春。
   狄雲は首を吊って自殺。丁典に神照経で助けられる。この後、神照経を教わる。
   丁典は牢内で寶象などに襲われる。
15: 
16:凌知府の娘、凌霜華死去。丁典と狄雲は脱獄。
   狄雲は5年間、丁典7年間、牢にいたことになる。
   この15年前、梅念笙が三人の弟子に殺された。
   狄雲は水笙の馬で足を折られる。
   チベットの大雪山で雪崩に遭い閉じこめられる。
   戚芳23歳、狄雲25歳。水笙20歳。汪嘯風25歳。
17:雪融けで道があき、大雪山から脱出。
   狄雲はひとりで、湘西に行き荊州に行く。
   宝は見つかるが、関係者のほとんどは宝の毒などで死んでしまう。
   狄雲は孤児となった戚芳の娘空心菜を連れて、大雪山に行く。
  登場人物
狄雲  :(てきうん)主人公、冤罪で投獄される。
戚長発 :狄雲の師父、梅念笙の三番弟子、鉄鎖横江の異名がある。
戚芳  :戚長発の娘、狄雲の妹弟子でもある。
空心菜 :(こんしんさい)戚芳の娘、父は萬圭。

萬震山 :梅念笙の一番弟子、五雲手の異名がある。
魯坤  :(ろこん)萬震山の一番弟子、以下萬門の弟子は土がつく。
周圻  :(しゅうき)萬震山の二番弟子。
     狄雲たちが脱獄したとき、狄雲に殺される。
萬圭  :(ばんけい)萬震山の三番弟子、萬震山の息子。
孫均  :(そんきん)萬震山の四番弟子。
卜垣  :(ぼくえん)萬震山の五番弟子。
     萬震山の五十歳の誕生祝いに戚長発を招待しに、湘西まで来る。(ドラマでは萬圭が来る)
     萬震山は戚長発の住まいを知っていた。
呉坎  :(ごかん)萬震山の六番弟子。狄雲の右手の5本の指を切り落とす。
馮坦  :(ふうたん)萬震山の七番弟子。
沈城  :萬震山の八番弟子。婚礼の引き出物を持って牢に来る。
桃紅  :萬震山の妾、狄雲に濡れ衣を着せるのに一役買う。

梅念笙 :故人、連城訣の正当な所有者、連城剣法の達人。
     死の間際に神照経を丁典に託す。
     萬震山・言達平・戚長発の師父。
丁典  :冤罪で牢に入った狄雲の同房囚。神照経を狄雲に伝授する。
言達平 :梅念笙の二番弟子、陸地神龍の異名がある。
凌退思 :荊州の知府、霜華の父親。
凌霜華 :凌退思の娘、丁典の許嫁。

血刀老祖:チベットの血刀門の第四代掌門、寶象の師父。
寶象  :血刀門の使い手。丁典の死体を食った鼠を食って死ぬ。
     狄雲は、寶象の衣を着ていて、血刀門と間違われる。

汪嘯風 :鈴剣双侠のかたわれ、水岱の弟子。
水笙  :(すいしょう)鈴剣双侠のかたわれ、水岱の娘。
水岱  :南四奇、落花流水のひとり。水笙の父親。大雪山で亡くなる。
陸天抒 :南四奇、落花流水のひとり。大雪山で亡くなる。
花鐵幹 :南四奇、落花流水のひとり。
劉乗風 :南四奇、落花流水のひとり。大雪山で亡くなる。
posted by たくせん(謫仙) at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 連城訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック