2019年08月29日

周伯通の年齢

2013.3.10記
2019.8.29改訂

周伯通(老頑童)の年齢

 女の子と老人が元気な金庸小説でも周伯通はきわだつ。老頑童といわれ、誰にでも好かれる人物だ。
 老頑童は関西弁を話す。これで江南なまりをあらわすが、他に関西弁は天龍八部の阿碧たちぐらいか。
 岡崎さんは「わたしの手元に翻訳原稿が上がってきたとき、関西弁になっていて、それが大変おもしろかったので、そのまま使うことにした」と言っていた。
 少し智慧が足りないようだが、精神構造が子どものまま大人になったと考えれば判りやすい。もちろん文字は読めるし知識もある。それなりに頭はよい。武術は超一流。郭靖のことを「アホや」と言うが、その郭靖が老頑童をなんとかあやしている感じだ。
 ここの西暦は計算のための目安である。金庸小説では、年齢は満年齢を使っている。また、当時の年の切り替えは西暦とは一ヶ月以上ずれていて、年数は切り上げ切り捨てがあり正確ではない。1〜2年ずれることがある。しかも史実とは大きくずれる。

以下4行は史実。
全真教の開祖王重陽(1112〜1170)の享年は五十九くらい。
1164 王重陽は活死人墓を作り、そこで修行をはじめる。
1167 活死人墓を出る。3年ほど活死人墓にいた。
1170 死去。58歳か。

   …………………………
 以下は小説、射G英雄伝と神G侠侶(神G剣侠)より
1199慶元五年秋、射G英雄伝が始まる。これを基準とする。

郭靖が17歳(秋には18歳になる)のとき、桃花島で周伯通(老頑童)と出会う。そして
☆周伯通は、「王重陽が出家する前からいい友だちであった」と言う。(射G英雄伝)
九十にもなろうという老人の、あまりにも素早い身のこなしに、趙志敬は舌を巻いた。(神G、文庫第四巻、P9)
☆第五巻「めぐり逢い」では、「開慶元年」に話が始まる。この年、郭襄16歳の誕生日、再び襄陽城の戦いが起こる。周伯通106歳(90+16)
☆第五巻P120では、「百歳近くになっても矍鑠としている」とあり、百歳前の扱い。

 老頑童の年齢についてはこの五行が手かがりである。王重陽はいろいろと数字があるため、比較しながら老頑童の年齢を考察した。王重陽の年齢は変えても矛盾しないが、このままで58歳で亡くなったとする。
 活死人墓に入ったのは、史実では52歳のとき。小説では逆算して、26歳のとき。
  
1150 周伯通の誕生。慶元五年(1199)から逆算する。
1153 開慶元年(1259)に106歳とすればこの年誕生だが、この説は採らない。(開慶元年は一カ所で、その他はすべて慶元五年を基にしている)
1160 (周伯通10歳)

1167(慶元五年秋から逆算、王重陽26歳・周伯通17歳)
 王重陽は活死人墓を作り、そこで修行をはじめる。8年間。
1170(周伯通20歳)

1175(王重陽34歳・周伯通25歳)
 古墓派の開祖である林朝英が古墓に入る。林朝英が死去する十年余前。(文庫本第一巻P208)
 全真教の開祖王重陽は古墓を出る。出家して道観(重陽宮の前身)を建てる。
 周伯通はこの(出家して道観を建てる)前からの付き合いということになる。
1180(周伯通30歳)

1185(王重陽44歳・周伯通35歳)
 林朝英が死去。第一次華山論剣の13年前。(文庫本第一巻P364)

     ……… ここまでは神G侠侶の話、以下は射G英雄伝の話 ………

1190(王重陽49歳・周伯通40歳)
1197(王重陽56歳・周伯通47歳)
 王重陽と周伯通は大理に行く。ここで周伯通と劉貴妃との間に子ができる。これが周伯通の生涯の汚点となる。劉貴妃に頭が上がらなくなっていつも逃げている。第一次華山論剣の1年前

1198(王重陽57歳・周伯通48歳)郭靖と黄蓉が出会う20年前
 第一次華山論剣。王重陽が勝ち九陰真経を得る。

1199(王重陽58歳・周伯通49歳)
 ★慶元五年秋、射G英雄伝の始まり。高宗即位後72年目になる。
 冬、丘処機が杭州郊外牛家村に現れ、郭嘯天と楊鉄心と知り合う。
 第一次華山論剣の翌年、王重陽亡くなる。(第4巻雲南大理の帝王)
★この年表はこれを基準にしている。射G英雄伝で年号がはっきり書かれているのはここだけ。
 周伯通、王重陽の死後「九陰真経」の下巻を黄薬師に騙し取られる。その後5年修行し、桃花島に行き、洞窟に閉じこめられる。

1200(周伯通50歳)
 牛家村が襲われ、郭嘯天が殺される。
 李萍は段天徳に掠われ北京まで行き、さらに蒙古行きの荷物運びにされ、結果蒙古に逃れ、九月には郭靖を出産する。包惜弱は金の趙王に掠われ、金で楊康を出産する。

1203(周伯通53歳)
 王重陽の死後5年であるが、実際は4年あまりと思われる。
 黄蓉生まれる。黄蓉の母は亡くなる。
 周伯通、桃花島の洞窟に閉じこめられる。15年間閉じこめられ郭靖と会うことになる。

1210(周伯通60歳)

1218(周伯通68歳、郭靖18歳(秋に18歳)、黄蓉15歳)
 牛家村が襲われてから18年後。周伯通が閉じ込められてから15年後
 郭靖と黄蓉は嘉興に向かう。時は旧暦の六月。
 続いて二人は桃花島へ渡る。郭靖ははぐれてしまい、周伯通と出会う。周伯通の年齢は不明だが、老人という。
 第一次華山論剣の翌年に王重陽が亡くなり、周伯通は5年の修行ののち、15年間桃花島の洞窟に閉じこめられた。単純合計では華山論剣から21年後だが、20年後。

 周伯通の言葉「わいと王の兄貴とは古いつきあいでな、兄貴が出家する前からもうええ友だちだった。…」。幼友達ではないようだ。
 この時の周伯通の年齢は、王重陽の9歳下の68歳あたりとすると計算が合う。王重陽は58歳で亡くなったが、小説では年齢不明。
 王重陽は出家の前8年間は活死人墓で修行していたので、周伯通とのつきあいは26歳より若いとき。周伯通は17歳以前。いい友だちだったというが、少年時代のつきあい。
 王重陽が活死人墓を出てから出家するまで少し時間があるが、その間にいい友だちになったとも考えられる。ただし王重陽は林朝英と江湖を旅していたので、可能性は小さい。

1220(周伯通70歳)
 楊過誕生。
 第一次華山論剣の22年後。
 第二次華山論剣。第一次の25年後の1223年に開かれるはずだった。年数に3年の差がある。金庸の計算違いか。

     ……… 以下は神G侠侶の話 ………

1240(周伯通90歳)
 第二次華山論剣から20年後(と計算)、襄陽城の戦い。郭襄生まれる。この年楊過20歳。
 九十にもなろうという老人の、あまりにも素早い身のこなしに、趙志敬は舌を巻いた。(文庫第四巻、P9)。

1256 (周伯通106歳、楊過36歳、郭襄16歳、郭芙32歳)
 16年後、再び襄陽城の戦いが起こる。慶元五年秋から57年後。

1259(周伯通106歳、楊過36歳、郭襄16歳、郭芙32歳)
 第五巻「めぐり逢い」では、再び襄陽城の戦いが起こるのは 開慶元年(1259)としている。
 慶元五年秋から60年後。射G英雄伝と通算すれば3年の差がある。2回の論剣の差3年が、ここで調整されることになる。

1257〜1259 は無かったことに(^_^)。1256と1259を同じ年とすればこの世界が成り立つ。

 120頁では「百歳近くになっても矍鑠としている」とあり、百歳前の扱い。
 279頁では金輪法王の台詞に郭芙35歳としているが、それなら生まれは第二次論剣の翌年となり楊過より一歳年下。第二次論剣の数年後に懐妊なので矛盾する。32歳とすべき。これは金輪法王の間違いとするか。
 330頁には楊過36歳とある。だから1256年でなければならない。

 開慶元年(1259)を基準にすれば3年ずれる。第一次論剣以降の出来事は全て3年遅くして、第一次と第二次の間を25年にすれば整合性がとれる。
 そのためには何度も出てくる、「20年前」などという台詞を「23年前」に変更しなくてはいけない。また射G英雄伝の始まりを「慶元五年秋」の3年後とすることになる。これは基準で変えられない。そこで、それまでの出来事はそのままにし第五巻を開慶元年の3年前として年表を作成した。

 モンケが亡くなったのが開慶元年なので、小説上でも、襄陽城の戦いを開慶元年にしないわけにはいかなかったか。

 別記の 古墓派の年表 では、第一次論剣と第二次論剣の間を25年としている。

     ……… 次は倚天屠龍記の話 ………

 倚天屠龍記では、
1259 襄陽城の戦いのあと、郭襄が流浪の旅に出て、襄陽城の戦いの3年後に、少林寺の近くで、周伯通の名を出す場面がある。
 してみると、109歳までは生存していたことが確認される。
posted by たくせん(謫仙) at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 射G英雄伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

大玉児伝奇

大玉児伝奇 邦題/皇后の記

    download.jpg
 大清建国の物語である。そして中心となるのは摂政王ドルゴンである。
 ドルゴンは初代ヌルハチの息子であった。
 ドルゴンは恋人玉児との仲を裂かれ、玉児はホンタイジに嫁す。ホンタイジの死後、ドルゴンは、ホンタイジと玉児の息子フリンの後見として、一生を玉児のために捧げてしまう。それでも晩年(三十代後半)は暴君に近い。
 仲を裂かれたとき、ドルゴン数え十四歳、玉児は数え十三歳。現実感が薄い。その前に数え十四歳のドルゴンが、現代なら小学生か中学生かという歳で、戦場で兄を助けて大活躍。否定できる材料は持っていないが、これも伝奇かな。

 ヌルハチ、ホンタイジ、ドルゴンと優れた人材がいたが、多くの人は他民族統治の意味が理解出来ない。ドルゴンの兄弟たちは、草原でトップを争った意識を、北京まで持ってきていて、隙あらばクーデターを起こしてドルゴンを皇帝にしようとする。そうしてあちこちでドルゴンの足を引っ張る。
 また、本来なら皇太子ような位置にいるはずのホーゲさえ、漢土への進出を、盗賊が荒らしに来た程度にしか考えていない。民家に優れた物があれば、当然のごとく没収する。そのために漢土を征服したと思っている。
 いくら玉児やドルゴンたちが、国家経営の構想を描いても、実力者が国家家経営の意味を理解出来ず、略奪を繰り返す。それが自分の権利だと思っているのだ。それが統治の足を引っ張る。
 そんななかで、なんとか建国し、ドルゴンは死に、三代皇帝フリンに引き継ぐ。全50回のドラマで、ここまで46回。
 それから康煕帝の成長までが、玉児(孝荘文皇后)の出番なのだが、皇帝フリンの成長まで3回。最後の1回はフリンの出家と康煕帝即位で終わる。
 ちょっと物足りない。

 ところで玉児の名だが、どうもしっくりしない。漢語で玉児の読みがyùér (ユアル)なのだ。名はブムブタイ(布木布泰)。玉児の名はどこから?
 ヌルハチ(努爾哈赤)、ホンタイジ(皇太極)、フリン(福臨)、ドルゴン(多爾袞)など、みな清建国前の満州語なのだ。
 玉児の名に限らず、多くのことが、史実から外れているように思える。創作部分が多いと思える。
 フリンの董鄂妃は江南地方育ちである。弟の嫁を奪った。そのため弟は自殺してしまう。この辺りは、きれい事で済ますことはしていない。
 前に紹介した 多情江山 とはあまりに違いすぎる。
 多情江山よりはかなり史実に近そうだ。そうはいっても、これは大玉児伝奇の題の通り、伝奇として見るべきだろう。

 玉児役の俳優「景甜」は、中国一の美人だという。個人的な感想だが、あまりに顎が細く、人形のようだ。
 かなり前、数代先の人相として、柔らかいものばかり食べているので、顎の発達がなく、細くなるというSF的な予想があった。その見本の顔がすでに実現していた。
 また玉児をはじめ一部の女性たちの顔は、白塗りで血色が全く無く、不気味である。そんな化粧が当時の化粧法だったのだろうか。あるいは撮影当時のはやりの化粧法だったのか。白塗りは全編ではなく、一部分では少し血色があるにしても。
 
   ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

孝荘文皇后
年号と西暦では一ヶ月以上のずれがあるので、差が生じることがある。年齢は数え年てある。
1613年     出生
1625年13歳 ホンタイジの側室となる。
1638年26歳 フリン(順治帝)を出産
1643年31歳 ホンタイジ死去
          順治帝即位6歳 ドルゴン摂政
1650年38歳 ドルゴン39歳死去
1651年    順治帝13歳 親政
1656年     順治帝18歳 最愛の満州族の董鄂氏入宮。
         董鄂氏はドラマでは漢族 江南の人
1660年    董鄂氏第四皇子出産、第四皇子と董鄂氏死去
1661年49歳 順治帝24歳死去
 (ドラマでは第四皇子出産、続いて第四皇子と董鄂氏死去、順治帝出家)
         康煕帝即位
1688年75歳 死去
posted by たくせん(謫仙) at 11:53| Comment(4) | 武侠世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする