2018年03月13日

楊旭文版 射G英雄伝

射G英雄伝
楊旭文版 2017年

 2017年の楊旭文版射G英雄伝である。
 もちろんストーリーは判っているし、迷子さんの評で様子も判っている。それでも見始めた。
   ストーリーはこちら 射G英雄伝の世界2 年表・あらすじ
 李亜鵬版射雕英雄伝と比べてしまう。(雕の字は当時使われていた)
 見始めたばかりだが、完顔洪烈(ワンヤンこうれつ)が、未婚の皇子らしい年齢だ。李亜鵬版の洪烈はかなりの高齢に見えた。18年後も不自然ではない。話の中心はそこからだ。
 郭嘯天の妻李萍(りへい)と楊鉄心の妻包惜弱が、まるでお姫様のようで、貧しい農民の妻には見えないのが異様だった。
 酔仙楼の戦いでは、酒を飲むシーンが見苦しい。水道の蛇口をひねったようにして流れる酒を口に注ぐが、全部口からあふれている。それでもやめない。
 それから武闘シーンに、やたらスローモーションが使われてイライラする。

 第2回でジェベ師匠が加わり、テムジンを大カーンと呼んでいる。お世辞かな。
 第3回ではすでに蒙古が金の使者を迎える場面だ。
 金の使者を迎えるときも、コの字型の机の並びで、オンカーンが中央で、テムジンは脇で客と向かい合う席だ。そしてオンカーンの義子と名乗っている。
 正式にはモンゴル帝国では、
初代 ジンギス・カン
二代 オゴデイ・カーン
三代 グユク・カン
四代 モンケ・カーン
五代 クビライ・カーン(大元の初代皇帝)
と複雑。
 原作小説では「第一巻 砂漠の覇者ジンギスカーン」である。
 登場シーンは、兵士の台詞で
「テムジンさまが来られた、大汗(たいカーン)が来られた」であり(文庫本ではP136)、あちこちで台詞では『大カーン』と言われる。だが地の文ではテムジンである。
のちのジンギスカーンであるが(P137)、と、今はまだジンギスカーンではない。
 蒙古はまだ草原の小部族にすぎない。(P153)。
 つまり草原の小部族であるのに、大カーンと呼ばれていることになる。

 もちろん原作がそうなので、このドラマでは、これでよい。
 ハーンということもあるが(言語の違い)、カンとカーンの両方を指す。区別しない。大ハーンはさて。
 
 ドラマは黄蓉と郭靖が二人して洪七公の弟子となるところまできた。欧陽克に掠われた程瑶迦を助ける。その時、洪七公と再会し、降龍十八掌の残り三手を教わる。特に引っかかるところはなく、順調である。
posted by たくせん(謫仙) at 14:56| Comment(0) | 射G英雄伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする