2017年08月28日

楽山大仏

岡崎由美先生と行く中国の旅
四川省名山の旅−道教・仏教聖地と武侠文化を訪ねて 2

 18日、楽山磨崖仏に向かったが、寄り道した。眉山市彭山区で最近発見された江口沉銀遺跡の、今年の1月から始まった発掘現場を、対岸から見ることになった。

P8188804.JPG
 岷江、見にくいが真ん中あたりの川の合流地点が発掘現場である。この右の対岸まで行く。

P8188806.JPG
 こんな塀が続く。

P8188815.JPG
 江口崖墓という、ローカルな遺跡もある。

P8188810.JPG
 ようやくこれだけ見えた。

P8188821.JPG
 畑を囲っているのか、それとも遺跡を守っているのか。

P8188824.JPG
 この地域の中心の通り。真ん中あたりの家は商店である。

P8188827.JPG
 場違いな感じがする建物。女性の足の長さに見とれて建物は見なかった。

P8188828.JPG
 不思議そうにこちらを見つめている。
 またバスに乗り楽山市に行く。

   ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

P8188834.JPG
 ここから船に乗る。楽山磨崖仏は川に面していて、その川は広いので船でないと近くでみることができない。

P8188837.JPG
 この先端あたりに楽山磨崖仏がある。

P8188844.JPG
 岷江と大渡河の合流地点なので、水の色がはっきり分かれている。

P8188846.JPG
 磨崖仏を陸から見るにはこのコースを登っていく。

P8188890.JPG
 楽山大仏は世界最大である。高さは71メートル。東大寺の大仏の5倍ほど。
 像高(像本体の長さ) 59.98mと言うので、71mは台座部分も入っているのか。
 なお近年さらに大きい仏像(観音像を含む)が立てられている。
 ちなみに魯山大仏128メートル、日本では牛久大仏110メートル。

 陸からの見学は、上から見るか、あるいは、左の階段をおりて足下から見上げる。そして右手に抜けて階段を登ることになる。

P8188885.JPG
 正面から。見上げるために、顔を大きくして見た目のバランスを整えている。

P8188867.JPG
 この階段を下りる。

P8188872.JPG
 大仏の左右に脇侍がいる。左は形が崩れている。この写真は右側だが、どんな菩薩だろうか。

P8188853.JPG
 トンネルを抜け、右に行き、登ることになる。

 船からの仏像を堪能したので、一度上陸し、上から大仏を見ることにする。

P8188902.JPG
 川沿いの道を歩き、登山口に至る。ここから333段を上り、大仏の頭部に至る。大仏の背後は凌雲寺という寺である。寺域はどれほど広いのか。
 この登山道は先ほど川から見た。

P8188913.JPG
 最後の33段は一気に上る。途中で休まない。

P8188914.JPG
 ここから凌雲寺に入るのだが、それは後からで、まず仏頭を見る。
 ここからは自由に観光となる。

P8188915.JPG
 大勢の人が並んでいる。ここから大仏の脇を下まで下りるのだ。私たちは上からの見学だけで済ます。

P8188920.JPG
 絶壁の階段を下りていく人々。

P8188921.JPG
 楽山市は中心市街は超高層ビルの並ぶ都会であった。市域などは何度も変更されているので、具体的な数字はわからない。

P8188927.JPG
 海通禅師、大仏建立のための基金集めをした。嘉州郡守が寄付を拒絶し「目を差し出すなら」と無理を言うと、その場で目を抉り出したという。そうまでして資金を集めたのだ。

 そのまま山の上に行くと、苑などがあるが、その一画に蘇東坡をたたえる(?)建物があった。

P8188929.JPG
 東坡楼
 蘇軾は北宋最高の詩人といわれる。東坡居士と号したので、蘇東坡(そとうば)とも呼ばれる。眉州眉山(眉山市)の出身である。今ではとなりの市である。

P8188931.JPG
 建物の中には蘇東坡像がある。

P8188934.JPG
 集合時間になったので、元の場所に戻り凌雲寺に入る。

P8188935.JPG
 凌雲寺は混んではいなかったが、この寺の説明は忘れてしまった。

 凌雲寺を出ると駐車場まで15分という。もちろん歩くことにする。

   ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ホテルに着いてから散歩に出た。すぐ前は大渡河で雨の後のせいか濁流である。

P8188956.JPG
 泳いでいる人がいる。水流が速いので、流されているように見える。

P8188961.JPG
 遠くに大仏が見える。

P8188964.JPG
 乗り捨て自由のレンタル自転車。ケータイで手続きして使用料を払う。外国人はその支払いシステムへの加入が難しい。

   ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 夕食後、スーパーマーケットに行った。
 ばら売りの米の値段だが、500グラム単位、これは1斤相当の量である。
普通の粳米    3元
香米       3元 ジャポニカ米だが南方系。
インディカ米 2.5元
上質な米袋入り  4元
 おおよそこの程度、思っていたより高かった。
posted by たくせん(謫仙) at 05:31| Comment(0) | 武侠世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

成都

岡崎由美先生と行く中国の旅
四川省名山の旅−道教・仏教聖地と武侠文化を訪ねて 1

 8月17日、朝7時に成田集合。関西の2人もここで集合した。添乗員と岡崎先生を入れて、総勢12名である。
 成田発08:50、成都到着は13:20(現地時間)、5時間半の直行便である。
 成都に着いてから空港を出るまで1時間以上。専用のバスに乗り込む。
 ホテルの近くでまず書店に入る。わたしは「李清照」「李U」「余秋雨散文」を入手した。これは辞書のようになにかの折に参考にしたいのであって、すぐ読みたいわけではない。それからホテルに着いてすぐに夕食の店に向かう。

P8178770.JPG
 
P8178772.JPG
 5時40分に「陳麻婆豆腐」に到着したが、ここで最初のトラブル。なんと予約しておいたのに部屋がない。食事前の一時間ほど、岡崎先生の解説などを予定していたのだが、どうやら勘違いがあった模様。しばらく待つことになった。個室の用意ができ、岡崎先生の四川省の解説と、八雲関西幇主の峨嵋派武術の解説を聞く。
 小説やドラマなどで峨嵋派がよく出てくるが、実はいろいろな武術派があって、峨嵋派という名で括ることは出来ない。知らないわたしにはびっくりする話ばかり。(^_^)
 夕食は中国らしい料理が並ぶが、ほとんどが唐辛子の辛い料理。わたしは苦手なのだ。今回は最後までこれがついて回った。

P8178781.JPG
 料理の一例、見ただけで手が出ない。

P8178777.JPG
 四川ダック、これさえ唐辛子味。

 看板の麻婆豆腐は言わずもがな。写真を撮る気にもならなかった。それで今回は料理の写真は原則としてなし。

 さて、四川省といえば何を思い浮かぶか。まず「三国志の蜀漢」と「パンダ」であろうか。
 ガイドに問われて、わたしは「曇り空」をあげた。「蜀犬日に吠ゆ」といいう有名な言葉がある。
 口にはしなかったが「巴山夜雨」もある。今回の現地の天気予報は大雨ばかり。夜中から朝にかけて雷雨になったりする。それがなんと傘を一度も使わずに済んだ。
 四川省の省都は成都である。重慶市は1997年に直轄市になったので、四川省の範囲ではなくなった。そうは言っても四川盆地にあり、直轄市になる前は四川省なので、間違えてしまう。成都市の人口は1400万人、市部は600万人。
 今でも中国を共産主義の国と思っている人は少ないと思う。現地の人の感覚でも完全な資本主義である。事前の情報では20世紀の国である日本、21世紀の国である中国という対比があった。都市部では現金やカードは不要で、ケータイで全部済ますとか。
 成都での実感は、21世紀と20世紀半ばが混じり合っている印象だった。

P8188788.JPG
 ホテルの窓辺、横顔に見えたのは偶然らしい。

P8188792.JPG  

P8188795.JPG
 ホテルのロビーは諸葛孔明が目立つ。

   ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 中国は固定電話が十分に普及しないうちに、携帯電話の時代に入ってしまった。一週遅れだったのがその一週をパスしたようなものだ。
 ケータイで全ての支払いを済ます。
 考えてみると、私生活は全て公開されているに等しくなる。プライバシーの保護はどうなっているのだろう。インターネットには、堂々と「監視されています」とでてくる。
 このままの形で発展できるのだろうか。
posted by たくせん(謫仙) at 15:23| Comment(2) | 武侠世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする